G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。ひとり旅もする。千葉県民・会社員・30代前半です。仲良くしてね。

【ひとり旅】青森屋の食事と、さよならホテル(星野リゾート青森屋③)

~前回までのあらすじ~

午前1時からのドライブにより、疲れ果てたGO。

10時間近くかけてたどり着いた十和田湖では、何一つ口にしなかった。

その後も奥入瀬渓流を行ったり来たりするも、飲み物も尽きてしまう。

何とか、ホテルにたどり着いたころには、もはや運転時間は15時間近く。

外に食べに行く気力もなかったため、星野リゾート青森屋にて食事を摂ることとした。

 

…というわけで、今回はホテルで食べたモノです。

f:id:GK_GK21:20180805092918j:image

ビュッフェ形式でしたが、料金が5,000円と個人的にはかなりのお値段でしたので、

ほぼ全種類食ってやりました。

 

のれそれ食堂(夜)

というわけで、ビュッフェのスタートです。

まずはホタテ、カンパチ、マグロのお刺身と、なぜかアスパラガスの盛り合わせ。

そして塩辛などの小さめのメニューから。

せっかくなので、リンゴ梅酒も飲んでいます。

f:id:GK_GK21:20180805092906j:image

 

あまり東北に来たことありませんが、貝類のイメージはありますね。

「ほや」は臭いが強くて苦手意識がありましたが、

ここで食べた「蒸しほや」はふっくらして臭いもなく美味しかったです。

あいつは「海のパイナップル」と呼ばれているそうですが、見た目だけで名付けるのは良くないと思います。

また、「氷頭」と呼ばれる鮭の鼻先の軟骨を使ったなますもありました。
f:id:GK_GK21:20180805092852j:image

 

そして東北の郷土料理として、「さめの蒲焼き」「山菜にしん(汁物)」「イカのみりん漬け」など。

さめは、食べ応えもあっておいしいですね。
f:id:GK_GK21:20180805092831j:image

 

そして東北・青森と言えばホタテのイメージが強いです。

ホタテをその場で焼いてくれているので、それをいただきました。

大きさが大きいわけではありませんが、しっかりとした味わい。

天ぷらはにんにくもあって、これはこれで美味い。

f:id:GK_GK21:20180805092927j:image

 

焼きトウモロコシやら、もずく的なもの、肉もありました。

また、ご飯はホタテの炊き込みご飯で、これは美味かったなあ。f:id:GK_GK21:20180805092856j:image

 

普通のマリネやグラタン、冷ややっこなども置いてあります。

冷ややっこはリンゴ風味のタレがあったのでかけてみました(割と普通でしたが)。

f:id:GK_GK21:20180805092835j:image

で、最後はデザートと刺身で締め。

東北の郷土料理らしい「豆しとぎ」をいただきました。

茹でた青大豆と米粉を「しっとりと仕上げた」ものらしいです。

言ってしまうと、唯一これだけはあまり美味しくありませんでした…

しっとりというよりは、やや粉っぽく、味も甘くもなく、かといってずんだの様に豆っぽいわけでもなく…
f:id:GK_GK21:20180805092935j:image

リンゴはさすがに美味しかったです。

f:id:GK_GK21:20180805092938j:image

というわけで、夜のビュッフェは終了。

f:id:GK_GK21:20180805092915j:image

朝食のビュッフェ

さて、朝食です。

場所は同じく「のれそれ食堂」、朝6時30分からです。

けっこう宿泊客が並んでいましたね。

 

画像の向きが悪くてすみません。

海鮮丼などもありましたが、朝らしく、煮物や焼き魚が中心です。

f:id:GK_GK21:20180805092842j:image

 

しかし、ノリの佃煮的なものや、塩辛などを食べたのですが、正に塩辛かったです。

すべてのモノが、関東と比べてしょっぱさ強め(これはこれで美味いけど)。

白米が無いと、とてもじゃないけど食べてられません。

 

f:id:GK_GK21:20180805092931j:image

 

青森といえば公式に「平均寿命ワーストワン」体験ツアーをやっているくらいですから、やはり塩気とは切っても切れない関係なのでしょう。

curazy.com

 

まだ来てケロじゃ!

というわけで、チェックアウトは12時まででしたが、食後の散歩後にホテルを発つことにしました。

f:id:GK_GK21:20180805092838j:image

 

チェックアウト時に、「無事にカエル」を貰いました。

小粋なはからいですね。カエル好きには良いことです。
f:id:GK_GK21:20180805092911j:image

 

f:id:GK_GK21:20180805092849j:image

 

というわけで、さよなら青森屋。


f:id:GK_GK21:20180805092924j:image

今度は冬に来てみたいものです。

巨大カエルから「まだ来てケロじゃ」と言われましたからね。

f:id:GK_GK21:20180805174957j:image

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞