G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【Switchゲーム紹介11】THE SHROUDED ISLE(シュラウディッドアイル)。カルト教団どこへ行く?(追記)クリアしました。

Nintendo Switchゲームレビューのコーナー。

今回は、「THE SHROUDED ISLE」というゲームです。

ザ・シュラウディッド・アイルと読むそうですが、意味は分かりません。

「SHROUDED=包まれた」「ISLE=島」で「何かに包まれた=隔絶された島」というようなニュアンスでしょうか。

※最初、AISLE=通路と勘違いしてました。

 

f:id:GK_GK21:20190320204513j:plain

 

この初期型ゲームボーイのような黄緑色っぽい色味のゲームです。懐かしい。

色合いは変えられますが、基本的にこのように2色の画面です。

 

※追記:その後、5年間生き延びてクリアしました。

 

 

あらすじ

主人公はカルト教団の司祭長で、村の政治をつかさどっています。

神から与えられた500年間にわたる試練の時代があと5年で終わります。

しかし、統治する村には「罪人」が隠れています。

f:id:GK_GK21:20190320205159j:plain

主人公は、司祭長として罪人を見つけ出して裁きながら、

村人から信仰を集め、5年後の救いの時まで村の存亡をかけて村人たちを導いていきます。

説明が乏しいのですが、 だいたいこんな感じだと思います。

 

ゲームのシステム

シンプルにこのゲームの目標を言うと、

5つの信仰度パラメータと5つの家からの是認度(=信頼度)を維持向上し、5年間を乗り切ろうというものです。

 

このゲーム、最初は何の説明もなく始まるので、最初は意味が分かりませんでした。

しばらくプレイしてみて、ようやくルールが分かってきました。

 

舞台はひとつの村です。

そこには5つの名家が存在し、その一族が、それぞれカルト宗教上の役割を持たされています。

f:id:GK_GK21:20190320205729j:plain

 

5つの家と、それぞれと関連する信仰度のパラメータというのは以下の通り。 

ケグンニ家=無知(無知ならば神を疑うことすらしない)

イオセプカ家=情熱(信仰への情熱)

カドエル家=自制(自己の欲求を抑え、神に仕える)

エファソン家=後悔(自らの罪を悔いて神に許しを請う)

ジシュカ家=服従(神に従う)

といった具合です。( )の中は、私の解釈です。

 

そして、各家庭には、何人かの家族が暮らしています(新規プレイするごとに、どこの家族に何人、どのような人間がいるかはランダムのようです)。

f:id:GK_GK21:20190320210046j:plain

 

そして、それぞれの人物は「徳」と「悪徳」を1つずつ持っています。

「徳」は対応するパラメーターを上げ、「悪徳」は下げます。

 

プレイヤーのやることは、顧問を各家庭から選ぶ

プレイヤーは、3か月ごと(春夏秋冬ごと)に、5つの家から1人ずつ、計5人の顧問を指定します。

最初は1年目の春の顧問を、各家庭から1人ずつ、5人選ぶことになります。

f:id:GK_GK21:20190320210212j:plain

選び方のポイントは後ほど。

 

更に毎月の顧問を絞り込んで選ぶ

選んだ5人の顧問の中から、毎月1~3人ずつ、行動させる顧問をさらに選択します。

f:id:GK_GK21:20190320210417j:plain

 

1~3人の顧問を選ぶと、その顧問の所属する家の対応するパラメータが上昇します(たまに失敗して減少します)。

例えば、ケグンニ家の顧問を選んだ場合には、「無知」が増加します。

 

その次に、その顧問個人ごとの「徳」の能力が増加し、「悪徳」の能力が減少します。

個人の「徳」や「悪徳」は判明していないこともあり、「????」や「情熱に満ちた(=何らかの徳により、情熱のパラメータが上がる徳)」といった漠然とした能力の場合があります。

また、下の画像のように「怠惰ー20」というような形ではっきりと分かるためには、その人物に対して、2回調査をしなければなりません。

f:id:GK_GK21:20190320210529j:plain

 

さらに、1~3人の顧問として選ばれた家の是認度(信頼度のようなもの)が上昇し、逆に選ばれなかった家の是認度が減少します。

f:id:GK_GK21:20190320210826j:plain

 

これを3回繰り返したのち、一つの季節の終わりを迎えます。

すると、「今季の生贄」を1人選ぶことになります。

f:id:GK_GK21:20190320211138j:plain

 

顧問から1人を選んで生贄にする

5人の中から選んだ生贄によって、更にパラメータが変化します。

まず、殺された家からの是認度は、大きく下がります。

特に、殺された個人の「悪徳」が軽微な場合(例えば「知りたがりー10」など、マイナスの数字が10~20の場合)にはさらなる怒りを買うため、是認度は大きく下がります。

f:id:GK_GK21:20190320211116j:plain

 

逆に「-30」ポイントのついている「悪徳」を持った人物は、その家でも「殺されても仕方ない」と考えるため、是認度のマイナス分も30で済みます。

生贄にすると必ず是認度は下がるのですが、-30が一番被害が少ないです。

-30の悪徳を持った人物を顧問にしたのち、生贄にしていきましょう。

後々、-30の人も生贄にし終えてしまうと、次はー20の人たちですかね…

f:id:GK_GK21:20190320211122j:plain

 

ゲームオーバーについて:2季連続が駄目

生贄を2季連続で同じ家から出してしまうと、その家からの是認度がー100されてしまい、「反逆的」状態になります。

そうなると、次の季節の終わりまでに改善しなかった場合、反逆を起こされてゲームオーバーになります。

同様に、信仰度のパラメータ(無知、情熱、自制、後悔、服従)も一定以上の基準に2季連続で満たなかった場合もゲームオーバーです。

 

感想:あちらを立てればこちらが立たず…

とにかく、パラメータの維持が全てのゲームです。

まず顧問同士の徳・悪徳による組み合わせ・相性や、行動させる顧問の相性、更にどの家から生贄を出して、来季はこの家で…というような多少の戦略性が必要になります。

ただ、是認度は分かりますが、無知・情熱といった信仰度のパラメータの数値が分かりませんので、ある程度、感覚的な部分もあります。

 

また、4回のプレイでは掴めてないのですが、生贄にしたことで信仰度パラメータも大きく動いてしまうため、最後の最後でパラメータが足りなくなりゲームオーバーということもあります。

f:id:GK_GK21:20190321065701j:plain

 

で、基本的には、信仰度も是認度もどんどん下がっていきます。

というのも、まず個人の徳・悪徳では、基本的に悪徳の要素が強いため、行動するごとにトータルでマイナスになるケースが多いです。

また、是認度も、行動させなかった顧問の家からは毎月下がりますし、生贄にすれば-30~100を必ず食らってしまうので、これも維持が困難。

 

たまにイベントが発生(司祭長への要望など)して、パラメータが一時的に上がることがありますが…

4回やって、最長で3年程度しか維持できませんでした。

f:id:GK_GK21:20190321064624j:plain

 

説明不足感は否めないですね。

世界観もよく分からないまま、いきなり「顧問を選べ」と言われます。

 

さらによく分からないのが「開眼者」。

このゲーム、伝染病が発生するので、患者を「浄化液に漬け込む」というのがあるのですが…

さらに健康な人間を浄化液に漬け込むと、「人間を超越した開眼者」になることがあります。

こうなると、もはや話す言葉も日本語ではなくなり、カタカナの訳の分からないことを言い出します。

また、「徳」がなくなってしまうため、顧問にしたときにパラメータへの貢献度が減ってしまいます。

更に、開眼者を生贄にすると、5つ全ての信仰度が大きく下がるというデメリットもあります。

今のところのプレイではメリットが分からないのですが、ゲームオーバー時の画面に「開眼者数」というカウントがあるため、何らかのメリットはあるのでしょう。

f:id:GK_GK21:20190321070057j:plain

 

 

難しいとも違うのですが、それほど爽快感はないですね…

まあ元々「カルト教団の生贄選び」がメイン作業ですから、爽快でも困りますが。

かといって詰まらんかと言うと、そうでもなく、じっくりできる上に、一回一回のプレイがそこまで疲れないため、「またやってみるか」という気にはなります。

 

ゲームのコツ(素人目線)

5回ほどやりましたが、全てゲームオーバーとなって、5年間生き延びることができていません。

※追記:6回目でクリアしました。

とはいえ、少しはコツのようなものがようやく分かりかけてきたので、ご紹介していきます。

 

最初はけっこう運次第

一番最初の顧問選びは、運に左右されることになります。

というのも、全くと言っていいほど、それぞれの人物の徳・悪徳が分からないからです。

下の画像を見ても、「????」または「規律違反?」など詳細不明の者がほとんど。

調査ができますが回数制限があるうえ、重要項目である「悪徳」を調査すると、家からの是認度が下がります。

f:id:GK_GK21:20190321061651j:plain

 

病人はさっさと隔離

伝染病が発生したら、すぐに浄化作業に移りましょう。

そうでないと、どんどん他の人に移り、家族全員が伝染病=徳がなくなるということにもつながります。

しかし、浄化施設の定員が3名であるため、浄化順番待ちになる場合もあります。

家族の少ない家は最大4人しかいない場合もあるので、そこが全員やられる前に、何とか治療しましょう。

また、どんな悪徳があっても、病気もちのまま生贄にすると是認度が大きく下がるので、「どうせ生贄にするからいいや」ではなく、浄化は必要です。

 

f:id:GK_GK21:20190321064616j:plain

 

ただし、殺害&浄化中で誰もいない家があると、その家からは顧問を選択しなくても進めることができます。

顧問を選ばなかった家は、是認度を上げることはできませんが、逆に他の顧問に行動させても是認度が下がらないというお得な面もあります。

 

(追記)5年生き延びたときの攻略のコツ

とりあえず5年間生き延び、そのエンディングを見ることができました。

成功したときのコツとしては、「2季連続のパラメータ未達を避ければいいので、逆に言えば1季はマイナスもやむなし」と割り切ることでした。

場当たり的に、とにかく2季連続にならないよう、他の信仰度や是認度が限界まで下がったとしても、その季をやり抜いていくというプレイスタイル。

例えば今季は「無知」がマイナスならば、次の季節で「無知」を徹底的にあげ、情熱や後悔は未達を覚悟する。その次の季節なら、「無知」が再び下がっても平気なので、そこは捨てる。

一族からの好感度も同様に、1季節だけなら我慢してマイナスにしてしまい、どうせマイナスならついでにその家の顧問を生贄にしてしまえばいい。

そうやって、ギリギリの綱渡りプレイが逆に安定して、クリアすることができました。

  

ネタバレ:エンディングのひとつ

このゲームは、マルチエンディングであり、7種類のエンディングがあるそうです。

4回やって、4回目に唯一エンディングがみられたので、それをひとつご紹介。

 

3年目にして、「情熱」のパラメータが2季連続で不足し、ゲームオーバー。

しかし、3年続けたせいか、一応これでもひとつのエンディングが始まりました。

 

情熱を失った村人は、もはや儀式に訪れません。

f:id:GK_GK21:20190321071511j:plain

 

情熱をみせつけてやる!と自らに火を放ちます。炎上芸ですね。

f:id:GK_GK21:20190321071514j:plain

 

それをみた人々は祈りを捧げ、哀れみます。炎上商法に頼るのかと。

f:id:GK_GK21:20190321071519j:plain

 

燃え尽きる主人公。

f:id:GK_GK21:20190321071524j:plain

 

彼は殉職者として、最期の職務を全うしたのでした。

f:id:GK_GK21:20190321071528j:plain

 

そしてプレイの結果がこちら。

生贄になった村人が13/30となってますが、30人中、春夏秋冬×5年で20人殺害しないといけないというのは難しいですね。

f:id:GK_GK21:20190321071506j:plain

 

なお、解放したエンディングが「2/7」になっていますが、ゲームオーバー時にAボタンを連打したところ、スキップしてしまって一つ見落としてしまいました…

 

感想まとめ

大きな盛り上がりがあるゲームではなく、淡々と進んでいくダークな世界。

世界観とまで言えるレベルじゃないですが、雰囲気の構築は素晴らしいと思います。

この手のシミュレーションゲームはあまりやったことがありませんでしたので、今のところは新鮮な気持ちで楽しめております。

エンディングコンプリートはさておき、5年後のカルト教団がどこへ行くのかは少し気になりますので、正規エンディング(?)を目指してトライしてみようと思います。

 

まあこれで1,480円は正直高いと言わざるを得ません。 

Steamでは980円のようですので、(あまりSteam詳しくないですが)そちらで買った方がいいかと思います。それでもちと高いと思わざるを得ない…680円くらいならいいかなあ。

 

(追記)5年生き延びたときのエンディングはよく分からない紙芝居で、どうやら災厄のようなものが発生して、村が崩壊して終わりのようでした。

やはり1500円分は高いなあ…

 

おまけ

変態女を要求する神。

f:id:GK_GK21:20190321071410j:plain

〝こんな記事もあります〞