G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【景色】千葉県大多喜町の二階建てトンネル(向山・共栄トンネル)をくぐる&弘文洞へ(ショート)

今回は変わった景色を紹介するショート記事です。

場所は千葉県中南部の大多喜町にある、二階建てトンネル。

本多忠勝やタケノコ、天然ガスなどで(一部では)有名な町です。

 

大多喜町にある二階建てトンネルをくぐってきました。

確かに奇妙な感じです。

昔は上のトンネルが使われていたのですが、「やっぱりやーめた」ということで下に改めて掘ったそうです。

その際に、上の方は埋めなかったので、このような二階建てトンネルとして残されました。

後続車もいなかったので、停止して撮影しました。

f:id:GK_GK21:20200121173930j:image

 

緑っぽく見えているのは、ライトの関係のようです。

車がすれ違える横幅があるようには思えないのですが、対向車が来たらどうしたらいいんですかねえ。

厳密に言うと向山トンネルと共栄トンネルが連結していて、両方の名前が付いているようです。(細かいところはよく分かりませんが)

 

 

ちなみにトンネルを抜けると「弘文洞跡」というところがあります。 

かなり目立たない場所に入り口があります。

f:id:GK_GK21:20200121184439j:image

 

川沿いの遊歩道を進んでいきます。

途中、飛び石のような橋があるので渡っていきます。

下の写真の左側、台風&大雨で土や木が積もっていますが、本来は通れるそうです。

f:id:GK_GK21:20200121184447j:image

 

飛び石も、水が多いときは注意が必要です。

一部壊れており、木の板が橋替わりになっていました。

f:id:GK_GK21:20200121173921j:image

 

少し歩くと、弘文洞跡です。

両サイドに絶壁があり、真ん中を川が抜ける、それなりの迫力のある場所です。

f:id:GK_GK21:20200121173933j:image

 

なぜ弘文洞”跡”というかと言えば…

1970年代までは、この絶壁同士が上部でつながっており、まさに「洞」=穴になっていたそうです。自然になったのではなく、トンネルとして掘ったそうですが。

それはそれで迫力があったのかと思いますが、1979年に上部が崩落し、今の姿になったそうです。

f:id:GK_GK21:20200121173937j:image

 

なお、弘文洞跡の先にもキャンプ場などがあったみたいですが、2019年の台風・大雨でこの先も通ることはできませんでした。

f:id:GK_GK21:20200121173925j:image

 

というわけで、大多喜町にある変わった景色をご紹介しました。

時々、ショート景色記事も書いていきたいと思います。

〝こんな記事もあります〞