G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【THE YELLOW MONKEY30th】東京ドームで、コロナ禍のライブの在り方をみた。

久しぶりに音楽ライブに行ってきました。

THE YELLOW MONKEYの30th記念ドームツアー。

本来は今年4月の予定でしたが、延び延びした結果が11月3日です。

世間では嵐の誕生日だったらしいですけどね。

 

f:id:GK_GK21:20201103163842j:image

 

ただ今回は、 ライブの内容というよりはコロナ対応について思うこと。

 

 

 

コロナ後、東京ドーム初

緊急事態宣言以降、この手の音楽イベントは東京ドーム初だそうです。

定員は約46000人ですが、今回は参加者19000人に絞った開催となりましたが、その人数もプロ野球を除くと、厚生労働省の指針上はMAX。

屋内イベントとしては最大のものと言われているそうな。

そういうわけで、ウィズコロナ、アフターコロナを踏まえた試金石にもなるライブとなりました。

 

それゆえか、いろんなお願い事項がありました。

また、TYMS(イエローモンキーの事務所)の社長(?)が出てきて、冒頭にあいさつ。

4月に開催できなかった忸怩たる思いや、今回のライブに関するお願い事項。

声を上げないでくれとか、COCOAを入れてくれとか。

そんなライブも初めてでしたが、なかなかの名スピーチでした。

というわけで、ライブでの対策の様子などを書いていければと思います。

 

感染確認アプリ「cocoa」の確認

まず、感染確認アプリのcocoaは必須で、インストールして導入していないと入れません。

そもそも開催前の時点で、何度もインストールして起動しておいて、陽性者との接触を確認してほしいと通知が来ておりました。

最近、めっきり聞かなくなったのですが、イベント系では利用を求められることが多いですね。

f:id:GK_GK21:20201103163854p:image 

 

私はちゃんと8月から(7月分は消えたけど)使っていたので、まあここは問題なし。

 

入場時間の分散

最大3時間以上前から入場させることで、混雑の解消を図るもの。

座席の場所によって、入場時間が設定されており、

私はだいたい2時間半前に入場になりました。

 

また、受付待ちについては、こんなシールが大量に貼られていました。

こういうの大変だろうなあ(今回のイベントでというわけではないと思いますが)。

f:id:GK_GK21:20201103163838j:image

 

入場時の様子

入場時は、手指のアルコール消毒・マットによる靴の消毒・検温などが行われています。

また、マスクは必須です。

飲食については特に制限は無さそうでしたが、缶・ビンは持ち込み禁止となっていました。

これがコロナ対策なのかどうかは分かりませんが。

 

座席での様子

まず座席ですが、前後左右が一つずつ開けられていました。

 

こんな感じ。

■・・・人

〇・・・空席 

 

■〇■〇■〇■

〇■〇■〇■〇

■〇■〇■〇■

〇■〇■〇■〇

 

そして、先に書いたように、大きな声出しは基本的に禁止。 

コール&レスポンスみたいなのもなし。

はしゃぎ過ぎない。

といったことが注意事項でした。

 

また、東京ドームの全座席にQRコードが貼ってあり、読み込むとこんなのが出てきます。

「TOKYO DOME ALERT」なるホームページがあり、感染者が出た場合に個別連絡が貰える仕組みとなっています。

 

f:id:GK_GK21:20201103163850p:image

 

また、密を避けるためにトイレの混雑具合が分かる仕組みも。

どれくらいリアルタイムなのか分かりませんけどね。

f:id:GK_GK21:20201103163846p:image

 

ライブ中

ステージと客席は5mくらいは空いているようでした。

前述の通り、席は前後左右空いていますが、それでも「そこそこ埋まっているように見える」状態でした。

 

そいsていつもは曲の合間に「吉井さーん!」とか「ヒーセ!!」とか「つるちゃーーん!」とか歓声があがるのですが(あまり好きじゃないけど)、そういうのはなく、きちんと守られていました。

「Everybody Sing!!」みたいなフリもあったんですけど、それをやっていいのか困惑はしましたが。

 

かといってスタンディングまでは禁止されてませんし、手を振ることもOK。

また、FreFlow(フリフラ)と呼ばれる電子機器が(私としては)画期的でした。

f:id:GK_GK21:20201104191008j:image

 

リストバンド型とペンライト型があるのですが、これが全座席(空席にも)設置されています。

自分の席にあるものは手首に巻いておきます。

 

そして曲に合わせて(正確にはプログラムに合わせてですが)一斉にそれが光ります。

それがなかなか綺麗でしたし、外野だけ赤、内野の半分は白、もう半分は青とか、細かい設定もできるようでした。

空席にも置かれているので、それも光りますしね。

これで歓声などがあげられない分の一体感を補うとともに、ライブ自体の雰囲気作りにもだいぶ貢献している感じがしました。

 

帰りについて

ライブ終了後も、指示があるまでは自席で待機です。

分散で退場していくため、スタッフが「Aブロックの人~」といった感じで誘導していく待ちます。

私の席は運が悪かったせいか、終わってから出るまで20分くらい待ちましたかね。

また、駅での混雑を避けるために、水道橋駅や後楽園駅を使わず、1駅歩いて欲しい等のお願い事項もアナウンスされてました。

私は水道橋にホテルを取っていましたが、それが正解だったかな(足が痛くてほとんど歩けませんでしたし)。

 

感想まとめ

改善点としては、流石に約3時間前に入場は厳しいです。

海外旅行に行くなら空港にはいろいろありますが、東京ドームの座席で3時間何もなしは肉体的にも精神的にもちょっと辛かったですね。

欲を言えば、過去のライブ映像を流す等のエンタメがあると良かったのですが。

 

また、正直なところ前後左右がいないって、かなり楽なんですよね。

むしろ東京ドームの座席で左右に人がいたら、かなりのびっちり感で辛かったと思います。

 

ただし。

本来ならほぼ満席で売れていた4月分(しかも2日間)がキャンセルとなり、日数も1日となり、しかも会場は4割程度しか入れられない。

有料オンライン配信もありましたが、グッズの販売等も含めると売上は大きく減るでしょう。

しかも、アルコール消毒の準備等で費用もかさむし、自身の体調管理など、運営側は並々ならぬ苦労があったと思います。

それでも開催してくれたことには感謝しかありません。

 

なので、普段は9000円前後が中心のライブ価格ですが、個人的には1.2倍~1.5倍くらいはまあ許容範囲かなあと考えています。

12月28日には、また武道館でライブがあるので、とりあえず申し込んでみました。

 

まとめのまとめ

これがコロナ禍のライブ。

日常を取り戻しているというか、新しい日常に向かっているというのか。

取り戻せた方が良い気もするなあ。

〝こんな記事もあります〞