G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【らら裸】真面目に裸について考えてみよう(ショート)

一行で、最近思うことを書いてみよう。

f:id:GK_GK21:20210219191303j:plain

 

やっぱり露出すると、アクセスが増えるな…

 

 

いやいや、流石に1行は短いですね。

最近、比較的露出傾向にあったこのブログ。

f:id:GK_GK21:20210213195058j:plain

 

気が付いたんですが、露出するとアクセス数が3割増しくらいになっているんですよね。

R-15指定くらいの美少女ゲームの画像をサムネにした時よりも顕著です。

 

これをどう解釈するかというと、やはり世の中は裸に飢えているんだと思うんですよね。

昔々は、よく言えば寛容、悪く言えば過激な画像は巷に溢れていたわけです。

私が小学生だった約25年前くらい(90年代)には、ゴールデンタイムのテレビ番組で男女の裸が映されることもありました。

 

その後、5~10年(00年代)くらいにはテレビから(特に女性の)裸は消えました。

しばらくは深夜に残りましたが、その後は完全に消えました。

その次に裸がどこに行ったかというと、ネットの世界に行ったわけです。

 

しかし、ネットの世界の裸というのは、テレビの裸と出会い方が異なります。

テレビはチャンネルを合わせて見に行っていますが、具体的に何が映し出されるかは番組を見なければ体験できません。

もちろん、裸は出るんじゃないかと期待して見ていた人もいたでしょうが、それは見てみないと分かりません。

対してネットは、検索してたどり着くことがほとんどですから、裸を見に行こうとして見に行っているわけです。

 

この差は、実はかなり大きいのではないかと思います。

期待していなかったところに、急に予期せぬラッキーアイテムが落ちていたら?

ハテナブロックからスーパースターが出るよりも、隠しブロックからスーパースターが出た方が、喜びは増すのではないでしょうか?

 

はてなブログはネットの中では、比較的温厚な人が書いているとされ、当然ながら一定の規制はあります。

つまり、裸を求めてはてなブログを見ている人はほとんどいないでしょう。

そんな中で、やたらと肌色の強いサムネイルがあると、人は惹きつけられてしまうのではないでしょうか?

そんな仮説を立ててみました。

これからは、裸に頼らずに地道な運営をしていきたいと思います。

 

皆さんの心には、何が残りましたか?

それでは次の記事でお会いしましょう。

 

 

一行で終わらせるつもりが、+1000文字の説得力のある(?)文章をひねり出せた自分をほめてやりたいです。

この記事のタイトルも、最初は「【一行日記】最近のブログのアクセスについて思うこと」だったんですが、意外と語れるものですね。

 

 

 

line.me

〝こんな記事もあります〞