G-log 日々思うこと

千葉県・30代会社員。ライターに憧れて文章を書く勉強中。テンションはいつも低位安定。読書記録、旅行、その他日常など。よろしくお願いします。

【2月18日まで】古代アンデス文明展へ行ってきた

アンデスと言えば「アンデスの春」。GOです。

今日は上野の国立科学博物館へ「古代アンデス文明展」を観に行きました。

国立科学博物館、通称「カハク」の企画展示は、

ここ数年は毎回行くようにしていましたが、今回は遅れてしまいました。

というわけで、あと1週間で終わってしまうので、内容をさらっと。

ポスターが「美少女」で釣りに来てましたが、ミイラだからなあ…

f:id:GK_GK21:20180212190501j:plain

 

アンデス文明とは(地理と歴史)

アンデスの場所すら知りませんでしたが、現在のチリやペルーなどの南米です。

アンデス山脈(あ、これ知ってた!)で南北に分断されており、東側は湿潤で肥沃な森林・山、アンデス山脈を挟んで西側は年間雨量が10㎜程度という極度の乾燥地帯だそうです。

 

時代としては、紀元前3000年頃~から栄えた文明の始まりで、本展では16世紀のインカ帝国滅亡までを指しています。

インカ帝国は何となく知ってますね。

日本で言うと縄文時代の後半~戦国時代なので、改めて考えるとかなり広いですね。

 

有名なモノを単語で挙げると、

■ナスカの地上絵

■マチュピチュ

■ウユニ塩湖

…くらいは私でも知っていました。

 

何となく学んだこと

■初期は「ジャガー」が神格化されていた。

左が人間ですが、徐々にジャガーが神格化していったそうです。

その他、太陽が絶対的な存在でしたが、基本は万物に神が宿る思想だそうです。

ジャガー含め、人間の力を超えたものが全て信仰の対象だったそうで。

f:id:GK_GK21:20180212191723j:plain

 

■文字の無い文化

基本的に文字が存在しないため、絵や像など形で後世の我々は判断しなければなりません。

また、お金もなかったそうです。

説明によると、基本的に「なんでも作れる」のでお金がいらず、

他には物々交換で何でも手に入ったそうで。

 

■死生観が異なる

死者は死後も生者と交わって暮らすと言われていました。

「自分の首を切り落とす像」や「死んだ男性と性交する女性像」なども。

f:id:GK_GK21:20180212193853j:plain

 

そして、非常に厳しい乾燥地帯だったため、ミイラが簡単に作れました。

王族ともなると、ミイラのまま散歩などにも出ていたそうで…

なお、ミイラも本物が3体持ち込まれていましたが、写真撮影が禁止されていたので冒頭のポスターのみです。

死者への冒涜になっちゃいますからね。

 

■ナスカの地上絵

先日、トラックが突っ込んだことで話題にもなったナスカの地上絵。

説としては、雨ごい説があるみたいですね。

これも神(太陽や雨の神)が空にいるという信仰が元なら、頷けます。

先述の通り、徹底して雨が降らない地域だから現在まで残ったというのも、

何となく壮大なロマンを感じました。

 

デザインは現代にも通じる?

私自身にセンスがないので評価しづらいですが、デザインは今にも通じるものがあると思いました。

動物は可愛らしいですし、人間も表情豊かです。全体的にデザインに丸みがあるせいでしょうか。

 

これは魚の描かれた皿ですが普通にちょっと欲しかったです。

f:id:GK_GK21:20180212193420j:plain

 

次に、アンデスの人形です。割と可愛らしいですよね。レゴ人形より欲しい。

f:id:GK_GK21:20180212193613j:plain

 

その他、画像を何枚か貼っておきます。1枚目のリャマが可愛いです。

f:id:GK_GK21:20180212193713j:plain

 

f:id:GK_GK21:20180212193757j:plain

 

f:id:GK_GK21:20180212193827j:plain

 

f:id:GK_GK21:20180212194044j:plain

 

全体の感想

楽しかったです。でも混んでました。

カハクの来月からの企画展は「人体」だそうで、これも楽しみ。

 

余談:アンデスの春

冒頭でアンデスの春と言いましたが、曲もうろ覚えです。

ちなみにググったらこんな歌詞でした。

太鼓をならし ケーナを吹いて 行列が行く 僕らの町へ 真っ赤な仮面 綺麗なポンチョ 行列 が行く 緑の谷へ ほらほら踊れ 今日は祭りアンデスの春

小学校(?)の授業で習った気がします。

何となくは覚えていたので、印象深かったのでしょうね。