G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。ひとり旅もする。千葉県民・会社員・30代前半です。仲良くしてね。

海外ドラマ「メンタリスト」の紹介と感想

AmazonPrimeで「メンタリスト」を見終えました。

6シーズン×23話(平均)+ラスト1シーズン×13話=151話あり、

151話×42分=6,342分、100時間超観ていたようです。

とても面白かったので、まだ観てない方は是非ご覧ください。

f:id:GK_GK21:20180507210811j:plain

と言いつつ、後半にはネタバレも含みますので、これから観る方は気を付けてください。(注意文はつけておきます)

 

 

人物紹介

簡単に、初期の登場人物紹介を。

パトリック・ジェーン

主人公のメンタリスト。子どもの頃から、サイキックとして霊感商法で人をだましていた。実際には、記憶力・観察力が天才的であり、人の行動・容姿・発言から、様々なことを見通していた。テレビ等にも出演していたが、ある番組で「殺人鬼:レッドジョン」を挑発したことで、妻と娘を殺害されてしまう。

以降、CBI(カリフォルニアの架空の捜査局)にコンサルタントとして捜査協力をしながら、レッドジョンへの復讐機会をうかがっている。

性格は基本的に冷静だが、立場が上の者にも媚びることなく、はっきり物事を言う。レッドジョンが関わる事件では、しばしば冷静さを失い、問題を起こす。

手先が器用で、スリ・手品・ピッキングなども得意。また催眠術も得意であり、しばしば捜査にも利用していた。

 

テレサ・リズボン

ジェーンの相棒であり、CBI捜査チームの女性リーダー。3人の弟がおり、恵まれない家庭で育った。

正義感が強く、捜査官の仕事に誇りを持っている。ジェーンのやり方にいつも振り回されているが、お互いに信頼関係を築いてきた。

しかし、しばしば説明不足なジェーンに対して本気で怒ることも。

 

キンブル・チョウ

CBI捜査チームの一員。アジア系で、背は低いが筋肉質。

愛想はあまりないものの、いつも冷静に捜査に臨んでいる。

しかし、恋人のサマーや部下のヴェガのことでは、感情的になることもあった。

元ギャング。猫やオカルトが苦手。

 

ウェイン・リグスビー

CBI捜査チームの一員。背が高く、愛想はいい。チョウの相棒。

純粋で子どもっぽいため、よくジェーンにからかわれている。

食欲も旺盛で、いつも何か食べたがっている。

父親は前科者であり、仲は良くない。

グレース・ヴァンペルトに一目ぼれしていた。

 

グレース・ヴァンペルト

CBI捜査チームの一員。パソコン・ネットを駆使した捜査が得意。

チームに来て日は浅いが、現場に出たがるなど上昇志向は強い。

しばしば感情的になり、容疑者に強く当たることも多い。美人だけど、ガタイがいい。 

 

レッドジョン

猟奇的な連続殺人犯。殺人現場に必ず被害者の血でスマイルマークを残す。

自分を追いかけてくるジェーンに対して強い興味を持っており、何かと挑発することも多い。

 

 

初期の主要メンバーはこんな感じですかね。

リグスビーがなかなか聞き取れず、リブスビー?ディグスビー?となってました。

一番好きな登場人物は、チョウでした。

 

基本的には一話完結、コナン的な進み方

基本的には、一話完結型です。

作品自体、ジェーンVSレッドジョンが大筋ではありますが、それ以外の事件がほとんど。

コナンで言う「どうでもいい殺人してないで黒の組織編を早く進めろよ」的な感じですね。

普通の事件も、見てて面白いのがほとんどでしたけど。

逆に、リグスビーとヴァンぺルトの恋模様とかは要らなかったかなあ…

 

メンタリストというか超人

「メンタリスト」についてはあまり知りませんでしたが、

シーズン1では、「メンタリスト。それは人の心を読み、暗示にかけるもの。思考と行動を操作する者のことである」と説明がありました。

実際には、メンタリストというより「ジェーン無双」が繰り広げられることが多いです。

多くの場合、犯人(捜査チームも)はジェーンの手のひらで転がされています。

日本のドラマで例えるなら、古畑任三郎が一番近いイメージですかね。

 

不倫が多すぎる

とにかく、登場人物の不倫が多いです。

どこぞの偉い先生がいうには、日本では7割が不倫経験者らしいですが、アメリカもそうなんでしょうか?ってくらい多い。

president.jp

 

殺人の動機は「憤まん」「怨恨」に次ぐくらいに「痴情」が多いようですから、事件に不倫が絡むことも多いです。

が、犯行と関係なくても、ジェーンから「君は○○と不倫してるよね」と言われ、だいたい不倫が暴かれています。

 

 

以下、ネタバレを含みます。

これ以降は、最終シーズンについても触れるので、ネタバレ嫌な方は気を付けてください。

 

 

 

 

 

シーズン6以前とそれ以降

シーズン6の途中で、急にレッドジョン編が終わります。

正直なところ、レッドジョンの正体は「こいつ・・・?」的な感じで、

決着も意外とあっさりでした。

 

CBI及びFBIはレッドジョンを頭とする「ブレイク結社」なる裏組織に牛耳られているという設定でしたが、レッドジョンが死亡して以降、組織もいつの間にか潰されてました。

残党との争い等に展開していくと思ったのに…

以降は、CBIは解散してFBIになり、紆余曲折を経てジェーン、リズボン、チョウはFBIに所属。

ヴァンペルトとリグスビーはここでサヨナラです(時々出てきますが)。

この二人は「不安定」であまり好きではなかったので、結果良かったですが…

FBI編の新しいメンバーのアボットとワイリーは良いキャラでした。

ただシーズン6では結構メインで登場していたFBIチームのキム捜査官が、

すぐに「異動」でいなくなったのは、何かしらの大人の事情があったのかな…と想像してしまいます。

 

終わりよければすべて良し

最終シーズンであるシーズン7は、これまでのシーズンとは違和感がありました。

ジェーンがずいぶん不安定な人物になっているなあと。

リズボンと相思相愛になったかと思いきや、急に命がけの捜査に怯えて逃げたり…

ただ、最終回の結婚式は、なんだかんだで感動しました。

終わりよければすべて良し。

 

全部を見終えて

海外ドラマを全て見たのは「フレンズ」に続いて2作目ですが、大人気作ということもあって、非常に楽しかったです。

命がけの捜査はこちらも緊張する場面もありましたし、

ジェーンの仕掛ける心理戦も(特に最初のうちは)先が読めない展開続きでした。

私もジェーン並みの観察力と度胸を身に着けたいなあと思いました。

 

なお、今回は吹き替え版で見ましたが、一部のちょい役以外は声優さんの演技も上手ですし、イメージにあっていたと思います。

海外ドラマの良いところは、演技力が特に気にならないところ。

ジェーン役のサイモン・ベイカーの声を聞いてみましたが、これはこれで観てみたいなと思いました。

字幕版がAmazonPrimeに来ないかな。

吹き替え版だと、口と発言が合ってないのがたまーーに気になるんですよね。