G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【ポケモンGO】台湾サファリイベント参加レポート。カブトムシいっぱい。熱中症未遂につき途中リタイア。

2019年10月3〜6日に台湾・台北市にて開催されたポケモンGOイベント「Safari Zone」。

 

ひとり旅はよくやるけれども海外への苦手意識が強い私には、良いきっかけとしてとらえて、台湾に旅立つことにしました。

 

三重駅へ

台北と一口に言っても会場は限定されており、「新北大都会公園」という場所です。

最寄りの駅は、MRT(鉄道)の三重駅。

三重=サンチェン?と読むっぽいですが、どうみても「みえ」です。

そして台北駅からはオレンジラインのMRTに乗るのですが、気が付いたらオレンジラインが分岐しており、「三重國小駅」(三重小学校前駅)に間違えて行ってしまうというトラブルも。

三重駅周辺は、比較的高層のマンションが立ち並び、都会感がありました。

f:id:GK_GK21:20191007151431j:image

 

そして、駅を降りてすぐに看板を発見。
f:id:GK_GK21:20191007151447j:image

 

そして超混雑。

おかげさまで、会場である新北大都会公園に行くのは、人の流れに乗っていけば簡単です。

f:id:GK_GK21:20191007151207j:image

 

途中途中、看板を持った案内人もいらっしゃいます。
f:id:GK_GK21:20191007151457j:image

 

公園に向かう人の群れ。これが開始時刻10時を少し過ぎた辺りです(駅を間違えたので)。

f:id:GK_GK21:20191007151526j:image

 

コミケ並みの人の量に圧倒されながら、会場となる公園(普通に歩けば徒歩5分くらい)のところに入っていきます。

 

www.gk-gk21.com

 

新北大都会公園は広いけど何もない

さて会場ですが、ものすごーく広い公園でした。

日本の公園で言えば、どれくらいでしょうか?

駒沢オリンピック公園くらいの広さは軽くあるのではないでしょうか。

f:id:GK_GK21:20191007151511j:image

 

ただし遊具などは一部を除いてほとんどなく、どちらかというと「ただの河川敷」というところは否めません。

f:id:GK_GK21:20191007151434j:image

 

そして周りにコンビニなどはありませんでした。これが後々問題になってきます。

f:id:GK_GK21:20191007151640p:image

 

カブトムシを捕まえよう

会場に近づいたときには、既にこんな状態でした。

数多くの捕まえていないポケモン達。

といっても、ヘラクロスとアンノーンなので実質2種類ですけどね。

f:id:GK_GK21:20191007151520p:image

こちらが公園内のポケストップの様子。

お祭りらしく、量も間隔もばっちりです。

 

f:id:GK_GK21:20191007151557j:image

ただ、出現がものすごく多いかというとそうでもありませんでした。

接続がけっこう重かったせいもあって、一度に出てくるポケモンは5~8匹程度です。

f:id:GK_GK21:20191007151513j:image

 

会場内イベントと人混みの様子

会場内には、様々な展示がありました。

11月15日に新作「ポケットモンスターソード&シールド」(だっけ?)が出るので、その宣伝はかなり行われています。

f:id:GK_GK21:20191007151500j:image

 

この人たちの名前は知らないんですけどね。

f:id:GK_GK21:20191007151453j:image

 

そしてピカチュウ。「皮上下丘」(上下は合体している奴)でピカチュウ?

f:id:GK_GK21:20191007151611j:image

 

カビゴンもいました。少しだけ本気を出しているような角度。

f:id:GK_GK21:20191007151508j:image

 

これもポケモン…?いや、公園に古くからあるオブジェのようでした。

f:id:GK_GK21:20191007151742j:image

 

ステージも基本的にはソード&シールドの宣伝が流れていました。

後に、タレント?が「イーアルサーン」とやる気なく延々と叫んでいるという不快なステージイベント(音声しか聞こえなかったので、何やってたか知りませんが)が繰り広げられていたようです。

f:id:GK_GK21:20191007151200j:image

 

そして何といっても人の量がすごい。手前の列も多いのですが、奥にも人の列が見えたときには少し引きました。

f:id:GK_GK21:20191007151154j:image

 

もはや歩きスマホしていない人はほぼいないので、それなりに周りに気を配らなければなりません。

f:id:GK_GK21:20191007151449j:image

 

熱中症になるぞ

先に結論だけ言っておきますと、3時間弱で体力の限界を迎えました。

前日ほとんど寝ていないのもありますが、何よりも台湾は亜熱帯。

そして新北大都会公園には、ほとんど日陰がありません。なぜならただの川っぺりだから。

f:id:GK_GK21:20191007151624j:image

 

近くにコンビニ等がないのは知っていたので、ペットボトルを2本持っていましたが、それでも日差しが出てくると暑すぎました。

数少ない休憩所改めテント小屋も、ゆっくり休める広さはありません。

f:id:GK_GK21:20191007151614j:image

 

初めて日傘(といってもただの折り畳み傘ですが)を利用しましたが、人混みとの相性も悪いですし、ポケモンGOとの相性(操作性)も最悪。

休憩中は日傘の下で何とかしていたのですが、それでも気温は高く、日差しは完全には防げません。

日傘越しの公園の様子。

f:id:GK_GK21:20191007151443j:image

 

先ほど書いたように、コンビニや喫茶店は近くにありません。

飲み物等は露店に売っていなくはないのですが、それでも大してありませんでした。

食べ物は基本的にホットなものばかりでしたし…

そしてトイレがバキュームカー併設のため、周辺が下水・汚水臭いのもあって、屋台でモノを買う気にはなれませんでした。

f:id:GK_GK21:20191007151424j:image

 

公園を横断するようにかかった橋の上には、数少ない日陰スポットがありました。

f:id:GK_GK21:20191007151533j:image

 

こんなステキなブロックも置かれていましたが、この芝生の上で休憩していなかったら、本当に倒れていたかもしれません。

f:id:GK_GK21:20191007151523j:image

 

捕まえたポケモンたち

そんな熱中症と戦いながらの、ポケモン捕獲結果。
f:id:GK_GK21:20191007151628j:image

ハイパーボールは550個ほど持っていましたが、終了後は200個ほど減っておりました。

f:id:GK_GK21:20191007151530p:image

 

まずはアンノーン。

「SAFARI」がいっぱいいるとのことでしたが、正直なところ、アンノーン自体にあまり興味がありません…

それなりには出現していたのですが、そもそも見づらいんですよね…

まあそれでも、一通りは捕まえたと思います。

f:id:GK_GK21:20191007151631p:image

 

そしてメインターゲットであったヘラクロス。

野生で遭遇したのはもちろん初めてです。

f:id:GK_GK21:20191007151552p:image

 

けっこういっぱい出てきたのですが、やはり最初の一匹はいいですね。

これでカントーに続いて、ジョウト地方の図鑑もコンプリートできました。

f:id:GK_GK21:20191007151644p:image

 

合計で24匹捕まえました。日本に戻ってきて、少しずつ知り合いに配っています。

f:id:GK_GK21:20191011182158p:image


続いて色違いポケモンたち。

最初に出てきたのはストライクでした。緑が濃くなっています。
f:id:GK_GK21:20191007151144p:image

次はヤンヤンマ。青い方がいいですね。

この時はなぜか雨になってましたが、実際は快晴です。
f:id:GK_GK21:20191007151617p:image

 

そしてこの時期から色違いが実装されたナゾノクサ。

こいつはわんさか出るのかと思いきや、100匹捕まえても1匹だけでした。

f:id:GK_GK21:20191007151733p:image

 

そしてアノプス。

こちらも今まで何度かイベント出現もしていたものの、色違いは初めてでした。

f:id:GK_GK21:20191007151547p:image

 

ヒノアラシは要らなかったですね…

コミュニティデイが終わったキャラ達は出てこないで欲しかったですが、やたらと出現していました。

f:id:GK_GK21:20191007151536p:image

その他、ヒンバスの色違いも捕まえたのですが、画像を取り忘れた上に交換してしまったので画像無しです。


あれはフワンテかなあ。
f:id:GK_GK21:20191007151738j:image

 

おまけ

この人、確かネットニュースでも見たことある有名なプレイヤーですよね。

推定スマホ40台による複数アカウントや自転車プレイなど、私からすれば軽蔑すべきプレイヤーですが、人だかりができていたので何かと思いました。

f:id:GK_GK21:20191011220432j:image

 

台湾サファリゾーン感想まとめ

さて台湾サファリゾーンの感想ですが…

イベント単体でみると、”こんなもん”でしょうか。

多く出てきたポケモンをまとめると…

  • ナゾノクサ
  • ミツハニー
  • バナップ
  • アノプス
  • リリーラ
  • ヒンバス
  • ヒノアラシ
  • ストライク
  • ヤンヤンマ
  • ナックラー
  • ヒマナッツ

こんなところです。

その他、ポカブ・ツタージャ・ミジュマルも少し、ニョロモも少し。

ちょっと種類が多過ぎたのと、イベント感が強いのが少なかったかなあと。

ミツハニーをいっぱい捕まえても仕方ないですし…

ナゾノクサの色違いがごろごろ出るかなあと期待していましたが、そんなこともなく。

 

あとは、イベント会場が他の観光地等から遠いんですよね。

周辺に店がないのも相まって、本気の人は気にしないのかもしれませんが、やや不便な場所にあると言えます。

そして何より、日陰が少なすぎて暑さが厳しい。

会場内でも、日本語で「熱中症に気をつけて」といったアナウンスがされていましたが、10月の台湾というのが例年これくらいの気温なら、もっと冬の時期でも良かったように思います。

屋台がもっと衛生的だったらなあ。

 

まあ冒頭に書いたように、苦手な海外旅行をするきっかけになったので良かったんですけどね。

けろけろ。

f:id:GK_GK21:20191007151516j:image

 

 

www.gk-gk21.com

 

〝こんな記事もあります〞