G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

オリンピックチケットの申し込み方法【解決編】

2019年5月9日午前10時より、東京オリンピックのチケットの予約受付がスタートしました。

これは、混雑を予想しながらも初日からチケット申し込みに挑んだ男の話である。

f:id:GK_GK21:20190510044447p:plain


ちなみに書いている時点(5月10日朝4時)では申し込めてません。

 

※追記:5月10日6時30分:電話認証できたと表示されたけど… 

※追記2:5月10日17時過ぎ:チケット申し込めました! 

 

 

チケットの予約にはID登録から

チケットの予約を申し込むには、ID登録が必要です。

私は以前登録してあったので、そこはすんなり。

過去記事もご覧ください。 

www.gk-gk21.com

 

受付開始直後に挑んでみた

無謀にも、受付開始直後の10時05分ころから挑んでみました。

「オリンピック チケット」でググるとすぐ出てきます。

f:id:GK_GK21:20190510040043p:image

 

 

東京オリンピックのページ自体にはすぐつながりましたが、チケット販売サイトへの接続が困難でした。

しかし、最初に表示されたのは、「お待ち時間:8分」というもの。

f:id:GK_GK21:20190510040051p:image

 

8分というのは嘘だろうと思っていましたが、その後は一気に進んで残り2分まで来ました。

f:id:GK_GK21:20190510040017p:image

 

 

が、順番待ちを終えて自分の順番が来たものの、「サイトが大変混雑しております」という結果に。あの順番待ちは何だったのだろうか?

f:id:GK_GK21:20190510040117p:image

 

その後、13時頃にもう一度挑んだところ「1時間以上待ち」になっていました。

さらに「このページを60分以上閉じるな」という厳しいオーダー。

f:id:GK_GK21:20190510040101p:image

 

その後、20時過ぎにも挑みましたが、同様でした。

 

f:id:GK_GK21:20190510040013p:image

 

早朝ならばいけるか?まずはすんなり接続。

翌朝、不眠症の特性を生かした早朝のチャレンジ。

こちらは予想通り、すんなりとつながりました!

つながると、チケットの検索画面が立ち上がります。

f:id:GK_GK21:20190510040104p:image

 

ヘリテッジゾーンという言葉の意味は分かりませんが、東京のメイン会場のようですね。

東京ベイゾーンは、千葉県なども含まれています。

f:id:GK_GK21:20190510040418p:image
f:id:GK_GK21:20190510040418p:image

 

画面下にスクロールしていくと、競技ごとにも申し込むことができます。

しかし、全部で729競技あるとの表示があり、競技一覧から選ぶのは非常に面倒ですね。

f:id:GK_GK21:20190510040107p:image

 

 

開会式を申し込む

私がメインで観たいのは「開会式」です。

「競技を選択」に「開会式」「閉会式」があったので、そこから入っていきます。

これが選択画面。

f:id:GK_GK21:20190510040054p:image

 

 

一番高いA席は300,000円、一番安いE席は12,000円です。
f:id:GK_GK21:20190510040010p:image

私は自分で出せる限界の、C席107,000円で申し込むことにしました。
f:id:GK_GK21:20190510040110p:image

 

ちなみに「カスケード」とは、申込が抽選で落選した場合に、一つ下のランクの席についても抽選対象とするサービスです。


他の席も申し込もうとしたのですが、既にカートに入っているから止めろと出ます。
f:id:GK_GK21:20190510040113p:image

 

 

その他、千葉県競技でも申し込もうかと、フェンシング、テコンドー、レスリング、サーフィンから、レスリングを選びました。

決勝は8,000円とお安いですね。

f:id:GK_GK21:20190510040026p:image

別途、閉会式も一応申し込んでみました。

 

最後の壁:電話認証がつながらない

諸々をカートに詰め込んで、申し込みました。

「支払い最大額」が158,000円になってましたが、全部当たったらの話ですからね。


f:id:GK_GK21:20190510040047p:image

しかし、ここで立ちはだかったのが「電話番号認証」です。

画面に表示される電話番号(050始まり)へ、登録した電話番号から電話をかけろというもの。

 

f:id:GK_GK21:20190510040024j:image

 

この電話が難関で、結局突破できませんでした。

「電話番号認証に成功しました」というメッセージが出れば成功だそうですが、

何回かけても何回かけても、一向につながる気配がありません。

 

そして、その電話番号認証は「120秒以内」なので、その間にやらねばなりません。

f:id:GK_GK21:20190510040002p:image

 

失敗すると、再び電話番号を再取得し、再び何度も何度も掛けなおす作業が始まります、

f:id:GK_GK21:20190510040039j:image

 

というわけで、何度か掛けなおした記録がこちら。

(上の画像で電話番号隠した意味なかったですね)

これは途中経過ですが、その後30分程度同じような作業を繰り返したので、100回以上の発信を行いましたが、全くダメでした。

f:id:GK_GK21:20190510041258j:image

 

原因は混雑だけの問題?それとも受付時間でもあって「午前4時からかけてくんじゃねーよ!」とでも言うのでしょうか?

ここまで来たというのに、こんなトラップが仕掛けられていたとは。

謎のままですが、しばらく放置ですかね。

 

「最後の壁」と書きましたが、果たして最後なのだろうか…?

 

(追記①)電話認証されたけど

その後、6時30分頃に再び電話認証をしてみたところ、すぐにつながりました。

が、「認証完了」を押したところ、チケット販売サイトへの順番待ち画面(下のような画面)に再び戻されました。

f:id:GK_GK21:20190510040051p:image

 

 

ただ順番待ちが5分くらいだったので、すぐにトップページに戻れました。

認証完了を押したのに、また順番待ち&トップに戻されるのはおかしい。

そして、チケットが買われた気配が全くありません。

 

そこで私のID登録情報から「マイチケット」を調べると、「チケットの申込履歴がありません。」となっています。(別途、「購入履歴」もあるので、申込段階で履歴に残るものと思われます)

 

それでチケット購入画面に行くと、再び「順番待ちです。30分くらい待ってろ。ブラウザ閉じるなよ」と出て、トップページすら入れなくなりました。

直前に待たせたのは何だったのでしょうか?

ちなみに「一度順番待ちが終われば、以降60分間は順番待ち無しで入れます」と書かれていますが、それも無効なようです。

 

恐らく、4時頃の電話不通から、6時30分の認証完了の間に、時間が空いてしまったので自動的にログアウトされたものと推測されます。

そのせいで、「認証完了したけどチケット情報は一切なし」となったのでしょう。

 

ここで想定される最悪のケースは、私の携帯電話からは認証が完了している扱いになり、チケットをまた改めて買おうとすると「この電話番号は別件で登録済です」とか言われそうな予感がします。

 

(追記②)買えた買えた(正確には申し込めた)

仕事が終わりそうな17時過ぎ、ふと思い出しスマホから再度ログインしたら、全てがスムーズに繋がりました。

また、上で懸念していた電話番号の重複どころか、既に認証済み扱いとなっていました。

f:id:GK_GK21:20190510201405p:image

少し種目も変えました。

開会式107000円、閉会式35000円、フェンシング決勝8000円くらいで申し込み。

結果は6月20日頃だそうですが、果たしてこの様子で無事に分かるのかな。

 

ID登録の時にも問題になったけど

ID登録の時も、入力情報が多いうえにユーザーフレンドリーでもないために、登録困難な人が多かったと聞いています。

今回は、回線の混雑は仕方ないとして、画面の構成は結構分かりにくいです。

また、細かい部分が不親切であるなあと感じます。

ログインが必要なら、最初にログイン画面からスタートさせろと思いましたし、スマホで競技を観ていても、画面の3分の1に常に「カートに入れる」ボタンが支配しているのは非常に見づらかったです。

セキュリティやら転売対策も分かりますが、ユーザーフレンドリーを気にしてほしいですね。

 

www.gk-gk21.com

 

うちの会社の50~60歳代社員に聞くと、もう登録で諦めた人もちらほら。

接続も悪かったし、それも仕方ないのかな。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞