G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【スズ】「能作」の錫製品を買ってみた。面白い!

能作という企業が最近テレビ等で取り上げられているようです。

錫(すず)加工のメーカーで、様々な面白いアイテムを作り出しています。

今回は、そんな錫製品をひとつ買ってきてみましたので、楽しんでみたいと思います。

 

f:id:GK_GK21:20191116074437j:image

 

 

固いのに、固いのに

能作云々についてより、先に買ってきたモノのご紹介から。

今回買ってきたのは「kago(カゴ)」シリーズのローズ(小)。

3,800円ほどするので、それなりの高級品です。

(今回はお試しで買ってみたかっただけなので、ほぼおもちゃ利用ですが)

f:id:GK_GK21:20191116074451j:image

 

これが箱から取りだした状態です。

名前の通りローズですが、これではただの飾りにしかなりません。

f:id:GK_GK21:20191116074437j:image

 

しかし、こんなふうに自分の好きなように加工することができるのです。

「錫(すず)」に触れ合ったのもほとんど初めてですが、「柔らかいのに固い」「固いのに柔らかい」のは不思議な感じです。

f:id:GK_GK21:20191116074419j:image

 

もちろん、普通の針金等も素手で加工できますが、こんなに狙ったように調整することはできません。

それはメーカーである「能作」の技術であり、錫の特性でしょう。

 

動画でのご紹介 

動画の方が分かりやすいかと思い、一応撮ってみました。

こんな感じで変形できます。


「能作」で買った錫製品をいじる

 

それほど力が必要ではなく、小学生くらいなら十分いじれるでしょう。

 

動画の最後にも出演していますが、けろ隊のお尻にはフィットしているようです。
f:id:GK_GK21:20191116074433j:image

 

ですが、安定感には欠けますね。
f:id:GK_GK21:20191116074415j:image

 

重さは金属ですので、少しばかりずっしり感はあります。

まあ今回は10cm四方くらいの大きさなので、大したことないですけどね。

 

アイディア次第で使い道は多数

好きな形に融通がききますし、素手で加工できるのに硬さはキープされているので、アイデア次第でいろいろな使い方ができそうです。

けろ隊の椅子にはイマイチでしたが…

 

とりあえず、キーホルダーをひっかけるのに使ってみることにしました。
f:id:GK_GK21:20191116074441j:image

 

今回買ったローズ(小)は、せいぜいリンゴ1個分くらいのカゴにしかなりません。

が、もう少し大きければ、多数の果物カゴやお菓子入れ、ワインボトル立てなどの用途にも使えるようです。
f:id:GK_GK21:20191116074458j:image

 

メーカー「能作」について

今回買った錫製品は、富山にある老舗金属加工メーカーの「能作」で購入しました。

工場見学には年間10万人以上が訪れ、もはや一大観光地だとか。

 

【能作公式ホームページ】

www.nousaku.co.jp

 

その能作のお店が、この度「コレド室町テラス」内に立地したことで、関東の人も私も身近に体感・購入できるようになりました。

f:id:GK_GK21:20191116074445j:image

 

【コレド室町テラスでハンバーガーをかじった話】

www.gk-gk21.com

 

贅沢して買ってもいいかもしれん

Kagoシリーズもローズだけでなく、いろいろなものが売られています。

お触りもOKですし、撮影もどんどんどうぞと言われました。

f:id:GK_GK21:20191116074422j:image

 

こちらは風鈴。錫の風鈴は音が適度な音量で澄み渡っており、これもいいなあと思いました。風鈴自体がそこまで好きではないので買いませんでしたが。

f:id:GK_GK21:20191116074412j:image

 

こちらはKagoシリーズのように、様々な形状をした錫製品。

こんなにウネウネできるんですねえ。

f:id:GK_GK21:20191116074427j:image

 

それだけではなく、タンブラーなども多く売られていました。

だいたい5,000円~8000円前後はしますが…

f:id:GK_GK21:20191116074430j:image

 

その他、錫の食器などの実用品に加え、カラフルな加工品も売られていました。

これはお触り不可で、しかも10万円弱くらいします。
f:id:GK_GK21:20191116074455j:image

 

この「ぐい吞み」は3000円ほどしますが、父親の誕生日プレゼントに購入しました。

店員さん曰はく、「錫の飲み口は他のぐい吞みよりも美味しく感じられる」そうです。

親父にあげたあとに、飲み比べてみたいと思います。

f:id:GK_GK21:20191116074448j:image

 

ここまで結構褒めてきましたが、どうしてもちょっと高級ですので、私が日常用に買うのは贅沢かなあと思います。

私の分はおもちゃ代わりのKagoのみで今のところは十分です(これも面白そうと思って買っただけで使い道が未定なので、少し後悔していますが)。

 

ただ、例えば誕生日などの贈答品には結構良さそうですし、父親の感想次第では、自分用にもタンブラーが一個あってもいいかなあと思いました。

ボーナスも多少は入りますしね。

〝こんな記事もあります〞