G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【Switchゲーム紹介42】「脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング」。あれ、これ必要なのか?

Switchゲーム紹介のコーナー。

今回は「脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング」です。

 

f:id:GK_GK21:20200613185028j:image

 

DS版を昔々やったことはありますが、その最新版ですね。

タッチパネルとの相性がいいソフトです。

 

 

脳を鍛えよう

先に述べたように、元々はニンテンドーDSなどで登場していたソフトです。

監修である川島教授はスマブラSPにもアシストフィギュアで登場していましたが、それ以外で見たことがありません…

脳を鍛えるうんちくについては、パッケージにも書いてありました。

気になる方は、画像を拡大して読んでみてください。

f:id:GK_GK21:20200613185035j:image

 

ちなみにパッケージ版で買いました。

というのも、ダウンロード版ではペンが付いていないんじゃないかなと思いまして。

f:id:GK_GK21:20200613185038j:image

 

脳年齢80歳?

最初に実年齢などの設定を行います。

あたいの年齢は34歳です。 

f:id:GK_GK21:20200613185042j:image

 

そしてすぐに、最初の脳年齢測定が始まります。

じゃんけんで相手の手に対し、「勝て」か「負けろ」の指示にそって、「勝つor負ける手」を瞬時に判断して繰り出します。

f:id:GK_GK21:20200620194103j:plain

 

 

頑張ったのですが、なんと脳年齢測定結果が80歳!

というのも、このじゃんけんゲーム。

コントローラーRについているセンサーカメラによって、手の動きを読み取ります。

(このカメラ機能ってほぼ使ったことないですが)

下の画像で見づらいのですが、画面右側が渾身のチョキを繰り出しているところです。

f:id:GK_GK21:20200613185032j:image

 

それで画面に出るグー・チョキ・パーに対して、勝つか負けるかの指示に従って手を変えていくのですが…

いったん正解の手を出すと、一度カメラの画面外に手を移動しないと次に進めません。

しかしこれが画面外に行ってもなかなか反応せず、何度も何度も「手を挙げろ!」と言われてしまい、ものすごく突っかかってしまいました。

その結果として脳年齢が80歳という高齢世代になってしまいました。

ここで当分このカメラを使ったゲームはやらんと思いました。

 

その後、ちゃんと図りなおした結果

80歳に絶望したのですが、その後、きちんと図りなおしてみました。

3つの種類の能力(脳力?)から脳年齢を図っていきます。

f:id:GK_GK21:20200620194217j:plain

 

「抑制力」のテストでは「最高数字テスト」が選ばれました。

これは最も値の大きい数字をタッチするというもの。

表示が大きい数字ではないので、その点に気をつける必要があります。

f:id:GK_GK21:20200620194307j:plain

 

結果は27秒28.

初めてなので、当然最高記録。基準が分からないので、良いか悪いかも判断できません。

f:id:GK_GK21:20200620194431j:plain

 

続いて「処理速度」は「高速数えテスト」。

これはシンプルで、単に「1から120まで声に出して数える」というもの。

ゲーム上も、別にタイマーが起動するだけで音声認識などはありません。

f:id:GK_GK21:20200620194544j:plain

 

最後の「短期記憶」は「5×5記憶テスト」というもの。

25個の数字が並んでいるので、2分間かけて徹底的に暗記します。

その後2分かけて、記憶のみで25個の空欄を埋めていくというものです。

f:id:GK_GK21:20200620194540j:plain

 

で、3つのゲームをやり遂げた結果がこちら。

全てが初回からマックス、脳年齢は最高の「20歳」でした。

f:id:GK_GK21:20200620194744j:plain

 

何と言うか、結果が良かったのはいいんですけどね。

ルールすら知らないゲームをやって、最高である20歳と言われちゃうと…

最初は30歳くらいにしといて、「実年齢よりちょっと若いけど、まだまだ上がある」状態が良かったと思うんですよ。

これからやっていって、脳年齢上は伸びしろがないですし、逆に衰えたら衰えたでちょっとショックですし。

難しいですね。

 

世界大会にも挑戦!

そして買って始めた日が土曜日だったので、ちょうど毎週恒例の世界大会が開催されていました。

最初から20歳と調子に乗っていたので、いきなりですが、世界に挑もうと早速チャレンジ。

4種目を2回ずつ挑戦することができます(ただし、じゃんけんだけはやりませんでした)。

土曜日にプレイして、結果は月曜夕方に分かります。

それでは結果を見ていきましょう。

f:id:GK_GK21:20200616202211j:plain

 

「二重課題」。

こちらは画面上部ではランナーが走り続けているので、タッチしてハードルをジャンプさせます。

かたや、画面下では先ほど書いた「最高数字」のように、一番大きな数字をタッチしていきます。

f:id:GK_GK21:20200620200533j:plain

 

この結果は、世界ランキングでは5832人中2978位とちょうど真ん中くらい。

ただこのゲーム初めてやったにしては、それなりのように思います。

f:id:GK_GK21:20200616202214j:plain

 

 

次に「計算100」。

その名の通り、簡単な四則演算を100問やっていきます。

こちらは5599人中974位と上位20%以内に入れました。

f:id:GK_GK21:20200616202222j:plain

 

ランクもA+となっており、これは良い結果でしょう。

f:id:GK_GK21:20200616202225j:plain

 

 

最後は「順番線引」。

ランダムな配置で表示される数字とアルファベットのうち、1⇒A⇒2⇒B…という具合に交互に線を引いていきます。

 

同世代では702人中64位。これはなかなかいいのでは?

f:id:GK_GK21:20200616202207j:plain

 

世界ランクでも5449人中380位と上位10%に入っているので、ランクは「S」となりました。

f:id:GK_GK21:20200616202235j:plain

 

これは、このまま鍛えて行けば世界で戦えるのかもしれない。

 

脳トレは続けないとなあ

小・中学校くらいまでは頭の回転に自信があったのですが、特にこの10年の慢性的な不眠症のおかげで記憶力がすっかり剥落していて、脳機能の低下は自覚しているだけでもかなりのものでした。

が、今回のような超短期記憶であれば、ギリギリまだ戦えそうです。

いきなりいいスコアを出していますが当然上には上がいますし、新しい脳トレも増えていっているので、楽しみながら継続したいと思います。

 

余談ですが、トレーニングをすると、カレンダーの日付にスタンプを押せるのですが、そのスタンプは自分でもデザインできます。

f:id:GK_GK21:20200620201656j:plain

 

 

他のゲーム紹介記事

【腕力トレーニング「ジャンプロープチャレンジ」】

www.gk-gk21.com

 

【パズルも脳トレに?「Goodjob!」】

www.gk-gk21.com

 

【最近やってないけど、まだクリアできてない「BABA IS YOU」】

www.gk-gk21.com

 

〝こんな記事もあります〞