G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【記念】ブログが500記事になりました。

この記事をもって、とうとう通算500記事に到達いたしました。

これも読んでくださる皆様のおかげです。

f:id:GK_GK21:20190315221604j:plain

 

キリの良い節目ですので、たまには少しブログについて振り返りたいと思います。

 

 

500記事を書いたということは…

改めまして、500記事になりました。

私の場合、平均すると1記事当たりどれくらいの文字数かというと…

 

こういう5,000文字を超える記事もあれば、

www.gk-gk21.com

 

極めて短いショートシリーズもありますが、

www.gk-gk21.com

 

平均すれば概ね1,500文字~2,000文字に落ち着くと思います。

つまり、1,500文字×500記事=750,000文字(75万)。

 

文庫本が10~20万文字くらいですので、3~4冊分といったところでしょうか。

あれ、そう考えると少ないような感じもする。

 

アクセス数と収益

こればっかりは波がありますし、最近またGoogleのアルゴリズムが変わったとのことで、めっきり減りましたねえ。

去年の夏休みに、私の【読書感想】シリーズがフィーバーして、普段の10~20倍ほどのアクセスがあった日もありました。

そのほとんどが、「君の膵臓を食べたい」でしたが。

www.gk-gk21.com

 

毎日書けば、アクセスが増えるというものでもありません。

まあ私の場合、「SEO対策しっかりしてます」みたいな記事があまり好きではないので、そういう理由もあるでしょうが…

行きもしない・買いもしないレビューやら、無駄に「必見!〇〇な方法X選!!」⇒「いかがでしたか?」みたいな定型文は、それほど好きじゃないのです。

だからそのアンチテーゼとしてリクエストレビュー企画などもやりました。

 

※まだ何かあればリクエストください。 

www.gk-gk21.com

 

収益は、そこまで期待しておりませんし、はてなブログのPro代とドメイン代が赤字にならなければいいかなー程度です。

幸い、アドセンス導入してから今のところ、かろうじて赤字にはなっておりません。

 

シリーズもの・企画もの

500記事書いていると、いくつかシリーズ化したものもあります。

「ひとり旅」がおそらく一番多いんじゃないかな。

「カフェ巡り」もそれなりに記事数が増えてきました(最初の「コンセプトカフェ」縛りがゆるくなってしまったという気はしていますが)

その他、「読書感想」シリーズが減ってしまっている気がしています。元々は、書評ブログでもやろうかと思っていたのになあ。

ゲーム紹介も、より丁寧&数多くやりたいんですけどね。

ゲームの動画が撮れればもっと良い感じに紹介できるのでしょうが、イマイチやり方とPCの性能が足らなそう。

 

「日々思うこと」について

まあブログも500記事も書いていれば、考え方も変わるものです。

特に私はその場の気分で物事の捉え方なんて変わるものだと思っていますので、今こんなことを書いているからといって、翌日には考えが変わっているかもしれません。

前と言っていることが違う、嘘をついていると思われることがあるかもしれません。

ただ、考え方はすぐに変わってしまうのが私であり、「ぶれない信念は持たない」という信念を持っています。

 

なので、「日々思うこと」というブログタイトルなのです。

「日々うつろっていますが、その時々で思うこと」って感じのニュアンスです。

 

これからのこのブログ

飽きっぽい私がここまで続けられたのは、自分で自分を褒めたいという部分もあります。

一方で、このままアクセス数もそれほど大きく伸ばせずに、だらだらと続ける意味があるのかという疑問がないわけではありません。

しかし、出来事や思考を何らかの形で文章化することには、意味があると思います。

さらに、それを少なくとも他人が見るという状況に置くことは、最低限の文章力が必要とされます。

自分しか見ないのであれば、丁寧に書く必要がなくなりますし、考えを整理する必要も薄れますからね。

 

他には、何かあったときに「体験して記事にしてみようかな」と思えることは、少しプラスだと思います。

ネタにできるということで、少しだけ前向きになりました。

そうでなければ、シュノーケリングはやらなかったでしょうしね。

www.gk-gk21.com

 

 

というわけで独白が続きました。

読んでいただいてる方には結局何が言いたいかというと、「今までありがとう、そしてこれからも」。

f:id:GK_GK21:20190212221146j:plain

 

〝こんな記事もあります〞