G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【旅?】オンライン居酒屋で長崎県に行った感を味わった。

国内ひとり旅が趣味ですが、今年は3回程度しかできていません。

9月には少し解禁しようと思いますが、過去10年で一番少ない旅数かもしれません。

 

f:id:GK_GK21:20200827192955p:plain

 

そんな移動自粛の世の中、いろんな場所でオンライン化が進んでいますが、今回はそのうちのオンライン居酒屋のお話です。

オンライン飲みやzoom飲みではなく、オンライン「居酒屋」のお話です。

 

 

オンライン居酒屋とは

オンライン飲み・ZOOM飲みとは違うのだよ!

オンライン居酒屋について。

明確な線引きがあるのか分かりませんが、知人・友人が自宅で飲んでるのを繋ぐのとは異なり、ちゃんと居酒屋と映像がつながっています。

そしてオンライン飲みはみんなが好き勝手なものを買ってきて、そして食べる・飲むというやり方です。

 

しかし、オンライン居酒屋は、事前に料理を頼んでおき、基本的にみんなで同じものを食べます。

この後解説していきます。

 

オンライン居酒屋ながやと、その仕組み

今回お邪魔(?)したのは、長崎県にある「旬彩 ながや」さんです。

オンラインショップが作れる「BASE」で売られています。

fdnagasaki.thebase.in

 

また、新聞でも取り上げられているのでこちらも合わせてどうぞ。

でも先読んじゃうと私の記事の意味がないので、後でどうぞ。

www.nishinippon.co.jp

 

さて、仕組みとしては、BASEのショップから、食べ物の詰め合わせとZOOM参加券を購入します。

そうすると、食べ物はクール宅急便で自宅に届き、ZOOMミーティングのID・パスワードも別途届きます。

f:id:GK_GK21:20200827140046j:image

 

こんな感じですね。

 

届いたものがこちら

さて、届いたものがこちらです。

鰤のうまか漁師漬け、エソのかまぼこ、サバ、からすみチーズ、よりより(菓子)などが届きました。

f:id:GK_GK21:20200827140035j:image

 

冷凍で届きますが、冷蔵のものもあるので事前に仕分けしておきます。

基本的にはほとんど調理のいらない、せいぜいレンジでチンする程度のものです。

肝心のお酒はないので、飲まなくてもいいかなと思ったのですが、やはりオンライン居酒屋という名称である以上、飲まないわけにもいかないかなと。

近所の酒屋で長崎の麦焼酎「ちんぐ」を買ってきました。

余談ですが、壱岐は麦焼酎発祥の地らしいですね。

 

盛ってみた

盛り付けるとこんな感じ。

かまぼこ、からすみチーズ、サバなど、長崎県らしく魚介類が中心となっています。

ルヴァン(ナビスコ)といぶりがっこは私が追加しました。

f:id:GK_GK21:20200819172741j:image

いただきます

それではオンラインにつないで、いただきます。 

 

 

エソ(魚偏に曾、または狗母魚と書いてエソ)という魚を初めて知ったのですが、このカマボコがとても美味しかったです。

固すぎず柔らかすぎず、ふわふわした感じもあります。

それでいて魚の旨味が濃かったですね。

あとはからすみチーズ。ルヴァンにもいぶりがっこにもとても合いました。

 

と、ただ食べているだけではなく食材の解説などを、画面の向こうの店主がしてくれます。

私も長崎の五島列島に行った話をしたり、軍艦島に行った話をしたり。

観光情報なども教えてくれました。

 

店主の永石いっせいさんが仰るに、コンセプトは「居酒屋のカウンターにいる」ことだそうです。

確かに、画面の目の前には店主がいて、料理が並んでいますので、カウンターに近いと言えば近いですね。

 

最後はちゃんぽんで締めです。

この頃には店主はもういませんでしたし、少しだけ調理の手間はかかりますが、これもリンガーハットより美味しかったです。

f:id:GK_GK21:20200827140042j:image

 

オンライン居酒屋はアリかナシか?

とはいえ、オンライン居酒屋が良い!これからはオンライン居酒屋だ!と言えるかというと非常に難しいですね。

強いて言えば、ナシ寄りのアリかなあ。

 

確かに料理は美味しいんですが、送料とzoom参加券込みで5000円程度かかるので、やはり割高感は否めません。

お酒付きなら、居酒屋で5000円はまあまあ許容範囲ですが。

準備と洗い物も自分でやるので、好きな人はさておき家事嫌いの私にはちょっと不向き。

 

ただ、料理はけっこう美味しかったですし、いっせいさんの喋り・キャラクターは非常に良かったです。

なので、その点はアリですが、全く知らない店を同じシステム・同じ料金でオンライン利用するかというと、非常にハードルが高いと感じました(今回はちょっと紹介もあって)。

裏を返せば、知ってる店や紹介があれば、遠方から応援する気持ちも含めてアリだと思います、

 

なので、トータルではナシよりのアリくらいかなと。

誤解なきよういうと、店主は実際に長崎市にある「旬菜 ながや」という居酒屋を経営しており、そこで調理などをしながらZOOMで生中継で参加している、という状態です。

こんな珍しい出会い方でしたが、料理も美味しかったし喋りも上手かったので、長崎に行く際は実店舗にも行きたいなあと思っています。 

 

まあそれにしても面白い経験であったことは確かです。

 

 

 

居酒屋関連記事

 

www.gk-gk21.com

 

 

www.gk-gk21.com

 

 

www.gk-gk21.com

 

〝こんな記事もあります〞