G-log 日々思うこと

千葉県・30代会社員。ライターに憧れて文章を書く勉強中。テンションはいつも低位安定。読書記録、旅行、その他日常など。よろしくお願いします。

屋久島に行ってきた(行き方編)

タイトル通りですが、屋久島の白谷雲水峡に行ってきました。
もののけ姫」のモデルにもなった場所として有名な、「苔むす森」がある方です。
ちなみに屋久島へは鹿児島市から日帰りでしたので、「縄文杉」までは行きませんでした。

 

f:id:GK_GK21:20171019210904j:plain

 

 


今回は、「鹿児島から屋久島・白谷雲水峡」までの行き方について書きたいと思います。
ちなみに高速船で行きましたが、他には飛行機またはフェリーの選択肢があります。
値段は、飛行機>高速船>フェリー
時間は、フェリー>>>高速船>飛行機です。
まずは、鹿児島県の中心である鹿児島中央駅から、バスまたは市電で港に向かいます。
市電なら「いづろ通」で下車してから徒歩5分程度、バスなら港の前まで行くことができます。
バスの方が近くまで行けますが、ここで大事なのが時間。
市電は朝早くから7~8分に一本出ていますが、バスは7時13分に港に着く便しかありません。
値段はどちらも200円足らず。鹿児島中央駅から歩くと20~30分はかかるので、交通機関がいいと思います。
今回、屋久島日帰り=朝イチに行きたい=7時45分発が高速船ロケット号の始発。という日程で気持ちに余裕がなく、市電を使いました。
四日前まではウェブ上でチケット予約ができますので、確実に行きたい人は買っておいた方がいいでしょう。
平日でしたので、半分くらい空席でしたが、休日や夏休みはどうなんでしょうね。
お値段は往復で15000円と、安くはない金額です。

f:id:GK_GK21:20171014081152p:plain


指宿(いぶすき)を経由して、2時間で屋久島に到着です。
白谷雲水峡までは、車でないと厳しいでしょう。
12km前後の道のりですが、かなりの山道で車も通るので、相当大変だと思います。

f:id:GK_GK21:20171014081225j:plainバスの本数は少ないです。港に着いた9時45分から、白谷雲水峡行きは10時40分までありません。お土産でも見て過ごしましょう。
バスでも、30分かかり、11時15分に白谷雲水峡に到着(550円)。
日帰りを想定すると、高速船の最終便は16時発。間に合うバスは白谷雲水峡14時40分発。
なので、実質3時間ちょっとしか余裕はありません。
また、白谷雲水峡の手前からは、(少なくともソフトバンクは)圏外になるので、タクシーを呼ぶのも大変だと思います。ここが一番の注意点ですね。
バス停と白谷雲水峡のスタートはほぼ同位置ですので、すぐに登り始めることができます。
次は、スタート~苔むす森~太鼓岩のコースに着いて書きたいと思います。