G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。ひとり旅もする。千葉県民・会社員・30代前半です。仲良くしてね。

【読書感想】桜のような僕の恋人

「桜のような僕の恋人」 宇山圭佑

 
恋愛モノは食わず嫌いでしたが、書店でたまたま平積みしていたのを見つけて購入。 
恥ずかしながら、おじさん泣きました。

以下、ネタバレもあるのでご承知おきください。

<目次>

 

あらすじ

カメラマンの夢をあきらめて悶々と暮らす朝倉晴人と、
自分の店を持つのが夢の美容師・有明美咲の悲恋話。
耳を切られたことがきっかけで、二人の距離は急接近☆
交際がスタートし、幸せな日々を過ごしていくが…
 

最初からフラグ

冒頭1ページ目から、明らかに美咲に不幸があったことが示され、
ハッピーエンドではないことが分かります。 
といっても、最初は軽い始まりでした。
お互いの出会いや、惹かれあうまでの経緯は、明るく、ともすればご都合主義的に進んでいきます。
しかし、ああこれ嫌な伏線だわ…というのがチラホラ。

 

発病と最期と

中盤、見事にフラグが成立し、美咲の病気が発覚します。
早老病やファストフォワード(早送り)症候群といわれ、名前の通り、急速に老化現象が進み、初期症状から1年ほどで老人となり、死を迎える不治の病。
(ファストフォワード症候群でググったけど出てきませんでしたが)
 
病気によって日に日に老化・衰弱していき、精神的にも荒れていく美咲。
それでも病気を恋人の晴人に隠し通し、一方的に別れを告げ、晴人の前から姿を消しました。

 

もちろん小説ですので、その後再会はしたのですが、望んだ再会とは言えないものでした。
それでも死の間際で、美咲も少しだけ救われたのが読んでいる側にも救いでした。
 

感想:王道だからこその感動

病気で急速に老いていく恐怖と、それを晴人に決して言えない美咲。
その事実を最期に知って悲しむ晴人。
展開としてベタと言えばベタですが、王道だからこその感動がありました。

 

FF10的に例えると、

ユ「シンを倒すけど、その時はうち死ぬわ」

テ「なんで皆それ黙ってんねん!おかしいやろ!」

的な話ですかね。

 

この小説のテーマはたぶん「思い出」だと思います。 
晴人と美咲は、期間にして三か月程度の交際でした。

「交際期間3か月」というとかなり短いような気もしてしまいますが、

毎日のように会って想っていると、体感的にはけっこう長く感じますね。

その思い出が濃密なものだったから、二人は苦しんだ半面、最後に救われたのでしょう。

 

桜も一週間くらいで散ってしまいますが、大切な人と見た思い出は残りますしね。

 

女性の美意識について思うこと

ただ、それ以上に重く感じたのは、女性の美意識です。
美咲は24歳にして早老病にかかり、1年程度で髪は白髪になりました。
歯も抜け落ち、立つことも困難な老婆になり、そのことに苦悩し続けました。

 

特に死そのものよりも、老化による見た目の変化を恐れていた節があります。 
ともすると、単に老人=醜いという評価をしているような。

20歳そこそこでは、そう思うことも当然仕方ないと思いますが。 

 

個人的には(年齢相応なら)見た目が変化していくことは仕方ないし、
それはそれでいいじゃないかと思ってますが、やはり男女で全く意識が違うんだろうと再認識しました。

 

というわけで、口や態度に気を付けないと、女性を傷つけるということも、改めて学びました。
 
後日、アラフォー女性の知人も読んだとのことでしたので感想を聞きましたが、やはり老いとの闘いは熾烈だそうです。
「誕生日おめでとう」も、相手によっては、うかつに言うなとの貴重なアドバイスをいただきました。
面倒くさいなあ
 

 

と、最後は茶化して書き終えましたが、感動的なお話です。

泣きたい方はどうぞ。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞