G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。ひとり旅もする。千葉県民・会社員・30代前半です。仲良くしてね。

今週のお題「お花見」 花見とエア花見について思うこと

今週のお題「お花見」

 

お花見シーズンがやってきました。

全国的にも咲き始め、関東南部は4・5分咲き程度ですかね。

 

今年のトレンドの一つに、エア花見があるようです。

www.businessinsider.jp

 

そんな花見・エア花見について思うこと。

 

都内の花見と言えば千鳥ヶ淵

花見なんて特に興味がない…的な話をしようかと思いきや、

振り返るとなんだかんだ、花見にはけっこう行っていました。

それもほぼ毎年行くのが東京の中心、千鳥ヶ淵

要するに、皇居の周りですね。

 

画像が残っていたのが3年前、2015年4月のものでした。

当時のiPhone5くらいで撮ったもので、夜景だから更に画質悪し。

以下は2015年当時の画像です。

f:id:GK_GK21:20180324213559j:plain

 

f:id:GK_GK21:20180324213616j:plain

 

f:id:GK_GK21:20180324213629j:plain

 

けっこう長距離にわたり、桜並木が続いています。

そしてお堀ですので、水辺にほぼ接するくらいまで桜がかがみこみ、

タイミング次第で水面に映るようなシーンも見られます。

丸の内辺りなので、あまりお店が無いのが少し残念ですが…

 

花見の最大の敵は花粉

個人的に、花見を避けてしまう一番の理由は「花粉」です。

逆になぜ毎年のように千鳥ヶ淵に行くかと言えば、「夜=花粉が少ない」からです。

私の場合、2月後半~5月前半はほぼ瀕死と言っても過言ではないので、

何時間も花を見るために外にいるなんて、お金貰っても避けたいですね。

 

 

とはいえエア花見…

そこで、エア花見です。

簡単に言えば、屋内で桜もしくは桜の造花を使って、花見気分で飲み会をするというもののようです。

もっと先進的な「VR花見」もあるそうですが…

屋内であれば、花粉の影響は最小限に食い止められるでしょうし、

意外とまだ寒い日もありますので寒さ対策、他にもトイレ対策等も考えられます。

 

とまあ、メリットだけを書いてみましたが、正直どうなんですかね?

これに参加したがる人はSNS映えか、ただ酒を飲んで騒ぎたいだけで、

もはや花見という要素が必要なのか疑わしいように思います。

「1月は正月で酒が飲めるぞ~」の歌もありますが、

何でもいいから理由付けて酒が飲みたいだけなんじゃないかな。

それならますます屋内で、というか居酒屋でやった方が効率的ですよね。

 

結局は集団の酔っ払いが嫌い

こういうことを言うとまた嫌われますが、

結局は、私が「集団の酔っ払いが嫌い」というところに尽きるんでしょうね。

基本的に酒を飲むと不快になる私からすれば、自分は飲みたいと思わないですし、

酔っ払いに対していい思い出が全く無いので、そんな人が集まっている花見が嫌いなのでしょう。

私は静かに暮らしたい。

 

とはいえ、桜は綺麗だと思いますし、わざわざ花見と銘打たなくても、

いろいろな場所で咲いているので、それぞれの場所で楽しむことはできます。

花見で酒を飲む方は、ほどほどに。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞