G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。ひとり旅もする。千葉県民・会社員・30代前半です。仲良くしてね。

【ひとり旅】日本一の縁結び♡出雲大社。果たして良縁は与えられるのか。

出雲大社。

「いずもたいしゃ」と言ってしまいますが、「いづもおおやしろ」が正式名称のようですね。

旧暦10月=神無月は、出雲に神々が帰って「縁結びを話し合う」月であり、ここ出雲では「神在月(かみありづき)」と言われています。

 

f:id:GK_GK21:20181004193706j:image

 

2018年の神在月は、正確には11月18日~11月24日とのこと。 

よく知らずに普通の10月に行ったため、神はいなかったようです。

 

さておき、そういう言い伝えがあることから、日本一の縁結びどころと言われています。

これだけ太いしめ縄を結んでたら、人の縁くらい結べてしまうのでしょう。

縁結びというと、新しい縁を思い浮かべてしまいますが、既存の縁も大事なもの。

というわけで、その辺りの参拝効果も期待できるのでしょうか?

まあ、個人的には神仏にはさほど信心ないのですが、歴史の長さには圧倒されますね。

 

 

出雲大社への行き方

私は出雲市駅前に泊まっていましたので、電車で向かいました。

ちなみに、出雲市駅前は飲食店こそ少ないですが、ビジネスホテルは結構充実してます。

出雲市からは、一畑電車に乗って「出雲大社前」駅まで乗っていきます。

 

途中、「川跡」という駅で乗り換えます。

出雲市駅からは、コミコミで30~45分前後くらいで行けます。

 

 

始発は朝6時ころ。台風の影響で少し遅れました。 

f:id:GK_GK21:20181004193513j:image

 

川跡で乗り換えると、一気に綺麗な電車になりました。

始発&台風明けということもあって、乗客は私と「しまねっこ」のみ。

f:id:GK_GK21:20181004193701j:image

内装も可愛らしいですね。

f:id:GK_GK21:20181004193620j:image

 

鎮座する、しまねっこ。

f:id:GK_GK21:20181004193559j:image

 

乗った電車とは違うけど、「ご縁電車しまねっこ号」なる機体も。

f:id:GK_GK21:20181004193545j:image

 

こちらが出雲大社駅。洋風建築でした。

f:id:GK_GK21:20181004193529j:image

 

 

f:id:GK_GK21:20181004193525j:image

出雲大社駅から歩いて300mほど

駅を出て左を向くと、大きな鳥居が見えます。
f:id:GK_GK21:20181004193648j:image

 

駅を出て右に300mで、出雲大社です。

道中は、門前町として、お土産屋や飲食店が立ち並んでいます。

残念ながら、朝の7時前には空いてる店はありませんでしたけどね。

鳥取駅近くにあった「すなば珈琲」が進出しているのは少し驚いた。

f:id:GK_GK21:20181004193645j:image

 

旅館もありました。味があるなあ。竹内まりやさんの実家だとか。

f:id:GK_GK21:20181004193715j:image

 

いよいよ出雲大社へ

そして、いよいよ出雲大社に入っていきます。

入り口の鳥居(2番目)は改修工事中で綺麗になっていました。
f:id:GK_GK21:20181004193624j:image

 

本殿までは、直線距離で2~300mといったところでしょうか。

f:id:GK_GK21:20181004193618j:image

 

ほとんど人のいない参道(?)を下っていきます。

普通は神社の本殿って、階段を上っていくイメージですけどね。

f:id:GK_GK21:20181004193650j:image

 

坂の途中、祓社(はらえのやしろ)という小さなお社があります。

しかし、こちらは我々が知らないうちに犯した愚行を浄化してくれるようです。

f:id:GK_GK21:20181004193602j:image
f:id:GK_GK21:20181004193510j:image

 

そして松林を抜けていきます。

f:id:GK_GK21:20181006211511j:image


ちなみに、松林の左側の原っぱを見ると、うさぎ達が集合しています。
f:id:GK_GK21:20181004193653j:image


f:id:GK_GK21:20181004193607j:image

 

作風が違うように見えるので、違う人が作ってるんですかね。
f:id:GK_GK21:20181004193541j:image

f:id:GK_GK21:20181004193534j:image
f:id:GK_GK21:20181004193711j:image

 

寄り道を終えて本殿へ

さて、参道に戻ります。

本殿の手前には、大きな「大国主命」とボールの銅像が設置されています。

f:id:GK_GK21:20181004193642j:image

凛々しい顔。

f:id:GK_GK21:20181004193447j:image

 

外側から数えて3つ目の鳥居をくぐると、「拝殿」が見えてきます。

f:id:GK_GK21:20181004193517j:image

 

こちらが拝殿。

出雲大社の参拝は、2礼4拍手1礼だそうです。パンパンパパパン。

f:id:GK_GK21:20181004193635j:image

 

しめ縄のアップ。太い。太い。太い。

注連縄って最初読めませんでした。

f:id:GK_GK21:20181004193706j:image

 

こちらが「八足門」と呼ばれる門。

特別な場合を除いて、我々一般人は中に入ることはできません。

ガイドツアーやお祓いの際に、入る機会があるようです。

f:id:GK_GK21:20181004193453j:image

 

八足門の中に本殿が置かれています。

なので、必然的に周囲から撮影するしかありません。

f:id:GK_GK21:20181004193639j:image

 

f:id:GK_GK21:20181004193610j:image

 

本殿の裏手に回ると…

裏手の方が、本殿がよく見えるかもしれません。

うさぎ達も見上げておりました。

f:id:GK_GK21:20181004193605j:image

 

本を読んでて見る気のない奴もいたけど。

f:id:GK_GK21:20181004193519j:image

 

裏手に回ると、彰古館という建物が見えてきます。

これは出雲大社の宝物殿として建てられたものとのことです。入れませんでした。
f:id:GK_GK21:20181004193504j:image

 

こちらは、素鵞社(そがのやしろ)と呼ばれる、「スサノオノミコト」を祀った社。

スサノオノミコトは、大国主の祖父にあたる神で、ヤマタノオロチを倒した人ですね。
f:id:GK_GK21:20181004193538j:image

 

この素鵞社の下には、砂が設置されています。

こちらは、家の四隅に砂を置いておけば家が守られると伝えられるもの。

 

f:id:GK_GK21:20181004193551j:image

甲子園がごとく、砂を集めている人もいらっしゃいました。

 

出雲大社にて縁結びを願う

信心の無い私ですが、出雲大社くらいになれば参拝してもバチは当たるまいと、珍しく参拝しておきました。

(出雲大社ルールを知らず、2礼2拍手1礼という通常参拝でやってしまいましたが)
f:id:GK_GK21:20181004193627j:image

 

縁と言うものは、良縁・悪縁とありますけれども、

そのいずれかを維持するのも断ち切るのも難しいものです。

f:id:GK_GK21:20181004193554j:image

 

神に祈って縁が生まれるならば、それは儲けものですね。

という考えの人には、良縁はないかもしれませんけど、自力でゲットします。

 

ちなみに出会いと言えば、玉木宏には会いました。

 

船で帰りたかったな。
f:id:GK_GK21:20181004193658j:image
 

おまけ

近くにある「稲佐の浜」にも寄ってみました。

近くと言っても、出雲大社から歩いて2km近くはありましたが…

f:id:GK_GK21:20181004193632j:image

 

こちらは弁天島。ここだけ切り取ってみれば、まだマシかもしれません。
f:id:GK_GK21:20181004193522j:image

 

この日は台風明けで、まだ風も強く、海も荒れていました。

ご自慢の砂浜もこんな感じで、いろんなものが流れ着いていました。

f:id:GK_GK21:20181004193451j:image

 

旧暦10月の「神在月」には、神様方はこちらの浜から帰ってくるそうです。

綺麗な状態はこちらをご覧ください。

稲佐の浜(いなさのはま)|出雲観光ガイド【出雲観光協会公式ホームページ】

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞