G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【ポケモンGO】トレーナーバトルがついに実装。いろいろ試してみたり考察してみたり。

本日(2018年12月13日)に、ポケモンGOでトレーナーバトルが実装されました。

だいぶ公式が煽ってましたが、相変わらず告知はイマイチですね…

さておき、戦略性が高まって、新たな楽しみができるのは良いことです。

 

f:id:GK_GK21:20181213224500p:image

そんなわけで、さっそく戦ってみた感想やら検証など。

 

 

3ランクに分かれるバトル

トレーナーバトルは、スーパーリーグ、ハイパーリーグ、マスターリーグの3クラスにわかれています。

スーパーリーグは、CP1500以下。

 

※1500未満か1500以下か、念のため確認したら1500以下でした。

f:id:GK_GK21:20181213143902p:image

 

ハイパーリーグは、CP2500以下。

なお、スーパーリーグとハイパーリーグに登録したポケモンは、解除しない限り、強化不可になってしまうのがやや面倒でした。

 

マスターリーグは、無制限となっています。

全て、伝説のポケモンもありです。

 

ちなみに、バトルパーティはこれまでのレイドバトル・ジムバトル用のパーティも強制的に解散させられていました。

 

今回はリーグ×3と、ジムバトル・レイドバトルで4種類のバトルパーティが作れます。

 

まずは、それぞれのリーグの+ボタンを押します。

f:id:GK_GK21:20181213142310p:image

 

次に、バトルパーティの名前を付けます(任意です)。
f:id:GK_GK21:20181213142335p:image

 

そして3体を選定します。

CPに制限があるスーパーリーグとハイパーリーグの場合は、自動的に制限以下のポケモンしか表示されません。

スーパーリーグなので、1500以下のみ。

f:id:GK_GK21:20181213145523p:image

 

無制限のマスターリーグの場合は、もちろん全てが選べます。
f:id:GK_GK21:20181213142315p:image

 

3体選ぶと、パーティ結成です。
f:id:GK_GK21:20181213142341p:image

 

2つ目のスペシャルアタックについて

トレーナーバトル実装に伴い、これまで1つのみだったスペシャルアタックが、2つ覚えられるようになりました。

ただし、覚えるためには「ほしのすな」と「アメ」を使い、「解放」することが必要になります。

f:id:GK_GK21:20181213142352p:image

 

「解放」を選ぶと、確認画面が出ます。
f:id:GK_GK21:20181213142301p:image

 

そして「はい」を選ぶと、キラッと光り…
f:id:GK_GK21:20181213142324p:image

 

新しいスペシャルアタックを習得します。
f:id:GK_GK21:20181213142406p:image

 

別の個体でも。
f:id:GK_GK21:20181213142329p:image

 

無事、2つ目のスペシャルアタックを習得しました。
f:id:GK_GK21:20181213142306p:image

 

ここで、わざマシンスペシャルを使うとどうなるか試してみました。

2つ目解放後は、2つのうち、どちらを忘れさせるか聞かれます。
f:id:GK_GK21:20181213142402p:image

 

どちらか一方、選んだ方を忘れ、新たなスペシャルアタックを覚えました。
f:id:GK_GK21:20181213142428p:image

 

なお、必要なほしのすなとアメは、ポケモンにより異なるようです。

ほしのすなは、5万~10万、アメは50~100個のようです。
f:id:GK_GK21:20181213142347p:image


f:id:GK_GK21:20181213142411p:image

 

また、解放自体の無いポケモンもいました。
f:id:GK_GK21:20181213142319p:image

 

CPの低さは関係なく、進化前のポケモンに多いのかもしれません。
f:id:GK_GK21:20181213142358p:image

 

規則性はよく分かりませんが、最初はバトルに使うポケモンも限られますから、そのうち明らかになるでしょう。
f:id:GK_GK21:20181213142419p:image

 

ちなみに、ジムバトルやレイドバトルでも、解放されたスペシャルアタックを使うことができます。

その場合、2つのスペシャルアタックから1つを選んでタップして発動させます。

f:id:GK_GK21:20181213215652p:image

 

トレーナーバトルのルール

トレーナーバトルには以下のルールがあります。

ジムバトル、レイドバトルと共通部分と異なる部分があります。

 

 

 

 

スペシャルアタック「なみのり」を放つニョロトノ。

その際は連続タップが必要になります。 

f:id:GK_GK21:20181213220349p:image

 

シールドを使わないと、けっこうなダメージを与えることができます。

f:id:GK_GK21:20181213220405p:image

 

まあ戦ってみないと何とも言えないですよね。

 

トレーナーバトルしてみた。

というわけで、大親友と対戦してみました。

まずはフレンドの画面から、「対戦」を選びます。

その後、スーパー、ハイパー、マスターのリーグ選択を行います。
f:id:GK_GK21:20181213142423p:image

 

次は相手側の話。

少し待つと、相手の画面に「〇〇さんが対戦を挑んでいます!」と表示されますので「受ける」を選んでもらいます。

f:id:GK_GK21:20181213224418j:image

 

 

お互いが3匹を選択すると、バトルスタートです。

f:id:GK_GK21:20181213220306p:image

 

トレーナーバトルの動画

それでは、大親友と試しに戦ってみた動画です。

けろ隊が活躍しています。

www.youtube.com

 

続いてトレーナーバトルの練習動画。

周囲のポケモンを見る画面から、左にフリックすると、赤・黄・青のチームリーダーと戦うことができます。

www.youtube.com

  

 

トレーナーバトルの戦術・専用技持ちは強い

トレーナーバトルにおいては、技の選択とシールドの使い方が重要になります。

(もちろん、それ以前にお互いのタイプ・わざが重要ですが)

 

どのタイミングでシールドを使うか?

例えば、エンテイがニョロトノにオーバーヒートを打ってきても、大したダメージにならないので、シールドを使う必要はほとんどありません。

 

f:id:GK_GK21:20181213220416p:image

 

「どうせあと一撃でやられそう」な時はシールドを使う必要はないですし、あと一匹と言うときには残しておいても無駄なので使ってしまうなど。

今の状況を3秒以内に把握・検討して、シールドを使うか否かを考えなければなりません。

 

コミュニティ・デイで専用技(ハードプラント、ブラストバーンなど)を覚えた連中(フシギバナ、リザードンなど)が、相当強いです。

レイドバトルではあまり意識できませんでしたが、とにかく専用技は強い…

 

トレーナーバトルでは、相手のシールドをさっさと二回使わせて選択肢を奪うことが有効な戦術の一つだと思いますが、

これらの専用技は、強いうえに高頻度で放つことが可能なため、シールドが間に合いません。

弱点を付けない状況では、相手にしたら絶望的でした。

CPも、ハイパーリーグの基準2500以下に調整しやすいポケモンでもあります。

 

f:id:GK_GK21:20181213220425p:image

 

トレーナーバトルの所感

まだ始まったばかりなので何とも言い難いですが…

冒頭にも書いたように、これまでただの連打ゲーだったバトルに、一気に戦略性が出てきて良いと思います。

また、今までバンギラス、カイリュー、メタグロス・・・といったようなお決まりのメンバーだけでなく、スーパーリーグ、ハイパーリーグによって、これまで目立たなかったポケモンの活躍の場が広がったことでしょう。

大人になると、なかなか遊ぶ相手もいませんが、暇を見つけて暇人を見つけて、対戦も楽しんでいきたいと思います。

 

(12月14日追記)

なお、チームリーダーとの練習試合をしたら、「シンオウのいし」をもらえました。

このアイテムの規則性もいつか分かるのかな。

〝こんな記事もあります〞