G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【カフェ巡り26】香川県直島・地中カフェ。地中のようで地中でない。

カフェ巡りのコーナー。地中から愛を込めて。

今回は、瀬戸内海に浮かぶアートの島「直島」から、地中美術館の中にある「地中カフェ」です。

離島の中の、しかも美術館内にあるので、かなり限定的な場所です。

 

f:id:GK_GK21:20190421085212j:image

 

 

地中カフェの場所と行き方

地中カフェですが、直島の南西部にある、地中美術館の中にあります。 

 

この地中美術館は、チケット無しでは一切の入場ができないため、このカフェに入るには美術館チケットが必須となります。

通常、カフェやミュージアムショップは無料で入れるところも多いのですが、ここは厳格に仕切られています。

かといってカフェ単独のためにチケット買うのは無駄ので、地中美術館のついでに行くしかないですね。

 

メニューはこちら

小さくて恐縮ですが、こちらが地中カフェのメニューです。

カフェなので、コーヒー、紅茶などは一通り。瀬戸内レモンティなんてのもありますね。フルーツジュースも、オレンジ、グアバ、マンゴーがあります。

また、瀬戸内オリーブサイダーや瀬戸内レモンレモネードなど、ご当地感のある飲み物も。

f:id:GK_GK21:20190421085209j:image

 

フードメニューは、食事となり得そうなのが全4種類。

オリーブ牛のステーキピラフは数量限定で、私が行ったときにはありませんでした。

その他、ランチプレートが3種類。

f:id:GK_GK21:20190421085222j:image

なお、注文はカウンターで先に行い、席に移動して料理を待つ、半セルフ方式です。

混雑時は、先に席を取っておいた方がいいかもしれませんね。

 

店内は外国人しかいない

直島全体に言えることですが、ここも圧倒的に外国人が多いです。
f:id:GK_GK21:20190421085216j:image

 

レジでも、最初は英語で話しかけられました。

ジャパニーズプリーズと言ったら、普通に日本語で接客してくれましたが。

日本に居ながら、ここまで外国人だらけの空間も珍しいですね。

 

ソライロコーラとベジタブルプレート

私が頼んだのは、ソライロコーラとベジタブルプレートです。

まずはコーラ。見た目が綺麗というか、毒々しいというか真っ青。
f:id:GK_GK21:20190421085225j:image

 

正直なところ、味は美味しくなかったですね…

スーパー等で格安で売られている、コカでもペプシでもない謎のコーラみたいな、嫌な甘さのあるコーラでした。

ストローの通りが悪かったのは仕様なのか、単なる不良品なのか?吸うのに苦労しました。

 

そしてこちらが食事のベジタブルプレートです。

パンに隠れていますが、ドライフルーツ・ベジタブル(バナナやニンジンなど)の小皿がひとつ。
f:id:GK_GK21:20190421085219j:image

 

少食の私ですら「これだけ?」という量でしたね。メインのサラダは葉っぱだけですし。

が、食べてみたら、このパンが非常に美味しかったです。

米粉でできていてグルテンフリーだそうですが、絶妙なもっちり感で、これだけおかわりしたいくらいでした。

 

テラス席もあるよ

こちらはテラス席、屋外席もいくつか用意されています。

地中カフェと銘打っておりますが、山の途中(?)に建てられているため、横からは景色が見えるんですね。

外に出れば、瀬戸内海が眼下に広がるオーシャンビュー(中からもそれなりに見えるけど)

天気の良い日は、瀬戸内海(太平洋かも)を眺めながらの食事も良いかもしれませんね。

f:id:GK_GK21:20190422151222j:image

 

こういう場所特有で、コスパは決して良くはないです。

ただ、冒頭に書いたようにそうそう来られる場所ではありませんので、せっかくですからね。

そして、パンは美味い。美味いんですよ。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞