G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【靴磨き】何の知識も経験もお金も無いけど、ダイソーで道具を買って靴を磨く。

今回は靴(ビジネスシューズ)。

普段、仕事に行く前に汚れを払うなどはもちろんやるのですが、滅多にちゃんと「靴磨き」をしたことがありません。

靴に無頓着なんですよね。

f:id:GK_GK21:20200421142526j:plain

 

そんな私ですが今回は、それほどお高い靴ではないので、犠牲になっても良いと思い、適当にダイソーで靴磨きグッズを買って磨いてみた話。

 

 

靴の種類とBefore

今回磨いた靴は、ビジネスマンのお友達、テクシーリュクスのブラウンです。

(靴のブランドなんて他にほぼ知らない)

 

 

Amazonだと、なぜかブラウンだけ8,000円を超えていましたが、だいたい6,000円程度で買え、履き心地がかなり良いと評判の靴。

さすがは世界のアシックスです。

 

そんなテクシーリュクスを1年ほど履いていますが、そろそろ磨いてみようかなと思いたったのです。

こちらがBeforeの写真。

先端が特に変な汚れ?削れた後?ができていますね。

f:id:GK_GK21:20200421132532j:image

 

買ってきた道具と知識の無さ

さて、靴の手入れなんて正直なところほとんど気にしておりません。

一日置きに履くとか、シューキーパーを使えとか、10円玉(銅)を入れると匂いが取れるとか、あまりそういう知識もないんです。なので、ダイソーでいいんです。

というわけで買ってきたのがこちら。

右から靴磨き用のストッキング素材のスポンジ、真ん中が豚ブラシ、左がクリーム(茶色)です。

f:id:GK_GK21:20200421132542j:image

 

スポンジは2個入りで、1個はこれくらいの大きさです。それなりに厚みもあるので、持った感じは良い感じ。

f:id:GK_GK21:20200421132545j:image

 

クリームはこちら。缶を開けたら、臭いは刺激臭です。

気温がそれほど高くなかったせいか、思ったよりも固まっておりました。

f:id:GK_GK21:20200421132852j:image

 

磨いて塗る

まずは、ストッキングスポンジで磨いてみます。

まあ目立った汚れはないので、それほど変わりません。

f:id:GK_GK21:20200421133340j:image

 

次にクリームなんですが…

スポンジに取った時点で少し不安がありました。これ色合ってるのかと。

f:id:GK_GK21:20200421132523j:image

 

塗る。

が、色違ってる気がするけど大丈夫?と不安になりました。

真ん中辺りが黒々としているのが分かるかと思います。

f:id:GK_GK21:20200421132859j:image

 

果たして、この色の違いは乗り越えられるのでしょうか?

f:id:GK_GK21:20200421132528j:image

 

Afterとムラムラ

下の画像の右側がクリームを一通り塗ったもの、左側がまだ。

肉眼では画像以上に、明らかに黒々として来ています。

f:id:GK_GK21:20200421132536j:image

 

側部も、けっこう色が変わっています。

ただ、本来こういう色だったのかもしれません。

f:id:GK_GK21:20200421132856j:image

 

靴の中でも傷つきやすいのは、靴の内側だと思うんですよね。

ちゃんと脱げばいいんですけど、内側を擦り合わせて脱ぐから。

というわけで、ここは表面が剥げてしまっているようです。

f:id:GK_GK21:20200421132849j:image

 

こちらがAFTER。

やはり明らかに黒いムラが…ここ以外にもいくつか発生していました。

全体的にもっと塗り込めばもっと目立たないかもしれませんが、そうするともはや黒い靴になりそうです。

f:id:GK_GK21:20200421132903j:image

 

こちらが全てを終えた(というか飽きた)ところです。

遠目で見たらわかんねーだろ!と強引に納得。

f:id:GK_GK21:20200421132548j:image

ビフォアと比べると、思ったよりは黒々としていないようにも見えます。

ただ、ムラは全体的に発生していますね。

再びこちらはビフォアです。上と比べてみてください。

f:id:GK_GK21:20200421132532j:image

 

今回の反省点☆

まずはきちんと手順やノウハウを調べておけと。

そして、然るべき道具(軽く調べると乳化剤やらワックスもあった方が良さそう)と磨き方でやるべきでしたし、多少はお金をかけた方がいいでしょう。 

 

他にも、まず靴を磨くなら靴紐を外せとか、いろんなツッコミどころはあると思います。

でも、あの子が自分から靴を磨くなんてめったにないことなので、温かい目でご指摘ください。

 

↓こういう、靴磨きセットみたいなのを買えばいいのかなあ。 

 

一番の反省点は、画像的に地味すぎる変化ということですかね。

 

余談。

2分で靴を追加した、靴バージョンのふなっちょが思ったより愛くるしい感じになった。

f:id:GK_GK21:20200421142526j:plain

 

〝こんな記事もあります〞