G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。ひとり旅もする。千葉県民・会社員・30代前半です。仲良くしてね。

石垣島・小浜島で食べたもの紹介

世間では卒業旅行シーズンでしょうか。

私は大学の時に、ゼミの友達と2人で札幌雪祭りに行きました。

旅行に行くほど仲が良かったのが、唯一その人のみ。

さておき。

 

石垣島・小浜島(+ちょこっと竹富島)に行ってきました。

今回は、その旅行中に食べたものの紹介です。

そんなに奇をてらったものは食べませんでしたが、全部美味しかった!

一か月の食費3万円を目指している私にはつらい決断でしたが、

たまにはいいじゃない。

 

 

石垣牛(フレンチバル佐々木勝)

最初に見つけたときは、沖縄でフレンチバル?という感じでした。

それ以上に、佐々木勝って誰?という感じでした。

しかし「個人名で勝負しているとはよっぽど自信があるのだろう」と入ってみることに。

店内はオシャレで、外が見えるカウンター式の席もあれば、ソファスペースもあり、結構広いです。

 

佐々木勝氏について、貰ってきたパンフレットによると、下の通り。

佐々木勝氏について

駐日ノルウェー王国大使館料理長として活躍。以前には東京・青山のフレンチレストランやホテルで料理長勤務。横浜・山下公園のレストランでの統括料理長として腕を振るう。

そして、パンフレットにはこうも書いてあります。

石垣牛を丸々「一頭買い」。その日の一番おいしい部位をご提供。

 

ランチタイムは、部位が選べるステーキ&サラダ・スープ・ライスorパンが付きます。

「その日の一番おいしい部位」が提供されるため、「今日の部位」が5種あり、そこから選ぶ方式。

私は「ランプ」を頼みました。「サーロイン」は倍近い値段でしたので…

その他に、島トマトと島モッツァレラチーズのジェノベーゼ(だっけ?)を頼みました。

f:id:GK_GK21:20180317182154j:plain

100gとお上品に頼みました(予算の関係)。

中はほんのりレアで、肉の味が濃い。

ソースもいいですが、塩で食べるのが美味しかったです。

f:id:GK_GK21:20180317182301j:plain

トマトとチーズは、盛り付けにも一工夫。

こちらもほんのり塩気を感じ、トマトもみずみずしくて素晴らしい味でした。

2品で2300円(税込み)なり。

 

場所は、石垣港ターミナルから徒歩5分程度。

ターミナルから730交差点を左に曲がり、少し歩くと左手側に見えてきます。

公式HPが見つからず、ぐるなび貼っておきます。

r.gnavi.co.jp

 

船盛り ~ガーラとミーバイとシャコガイ~

次は小浜島「はいむるぶし」内の夕食のご紹介。

f:id:GK_GK21:20180317182702j:plain

ちょと見づらいのですが、イカ・マグロのほかに、

「ガーラ」、「ミーバイ」、「シャコガイ」というあまり聞きなれないものが。

シャコガイは聞いたことありますけど、食べ物だったとは。磯の香りは強いですが、それが美味い。

ミーバイはマグロよりも味が濃い魚で、マグロより美味かったです。高級魚だそうですし。

後は、小浜島産の「もずく」もさっぱりしておいしゅうございました。

他にもライスやサラダ等はブッフェ形式で、合計3200円なり(要予約!)。

 

はいむるぶし内「海Café」

昨日の記事でも紹介しましたが、はいむるぶしのビーチにある「海Café」です。

 

www.gk-gk21.com

 

スイーツが中心ですが、パスタなどもありました。

おやつタイムだったので、スイーツを頼んでみました。

f:id:GK_GK21:20180317183054j:plain

チョコレートの濃厚なケーキです。

味というより、雰囲気全体で楽しむ店ですね。

青い海、白い砂浜、吹き抜ける海風…

オシャレ過ぎておっさん1人では、アウェー感すら感じました。

これに飲み物が付いて1500円なり

ちなみに夜は、「星Café」になってメニューも変わるそうです。

ここで星を観ながら食事なんて優雅でしょうねえ。

www.haimurubushi.co.jp

ちなみに、利用は宿泊客のみだったはず。

 

その他ひとり飯

その他の店はダイジェストで。

1.サヌファ 石垣港離島ターミナル店

本店は小浜島の居酒屋だそうですが、こちらは「食堂」に近いイメージ。

私は石垣島で育った「美咲牛」の牛丼をいただきました。

おつまみも充実してるので、ちょっと一杯にもいいかもしれません。

f:id:GK_GK21:20180317184250j:plain

牛丼は800円なり。

 

2.ユーグレナカフェ

お土産所としても有名な「ユーグレナモール」という商店街(石垣港ターミナルから徒歩5分くらい)。

それを抜けた先に位置するのが、「ユーグレナカフェ」

「ユーグレナ」とはミドリムシという藻の一種で、健康食品になっています。

ユーグレナという会社が、石垣島で大量生産に成功したので、こんなカフェもあるのでしょう。

体にいいならスイーツでもいいかと思い、「グリーンポーポー(包包)」というものを。

f:id:GK_GK21:20180317184628j:plain

ポーポーはクレープの皮のようなもの。

ユーグレナが練り込まれたスポンジケーキは少しだけ青臭いですが、スイーツなのでそれは問題にならず。

周りのフルーツもうまかったですね。

700円+コーヒーセット300円なり。

 

3.南ぬ島石垣空港・ゆうなパーラー

石垣空港のフードコートではない、隠れ家的な部分です。

空港に入って左手、スタバの先の通路にあります。

一見すると「スタッフオンリー」的な通路なので、気づかない人も多いみたいです。

 

居酒屋的な雰囲気ですが、石垣牛ハンバーグを使ったロコモコなどもありました。

f:id:GK_GK21:20180317185351j:plain

八重山そばと「島かまぼこ」を頼みました。

かまぼこと言いつつも揚げてあり、さつまあげに近いイメージです。

中にはゴボウなど野菜も練り込まれて食感も楽しめます。

八重山そば500円、島かまぼこも500円(くらい?)なり。

 

4.お土産「沖夢紫ロールモンブラン」

最後に、石垣空港のお土産のご紹介です。

ハブ酒の試飲はオススメですが、買うにはちと高い。

「八重山屋(やいやまや)」の「沖夢紫(おきゆめむらさき)ロールモンブラン」は美味かった。

八重山諸島で取れる「沖夢紫」をふんだんに使ったモンブランとクリームがとにかくうまい。

甘さは控えめで、いくらでも食べられます。

要冷蔵ですので、帰りがけに買っていきましょう。

f:id:GK_GK21:20180317185630j:plain

1本1800円くらいでした。

 

まとめ

今回は、ホテルの食事も多かったので、そんなに冒険はしませんでしたが、安定して美味かったです。

私の表現力では美味いとしか言えませんので、ぜひ現地でお試しを!