G-log 日々思うこと

GOです。雑記ブログなので、散らかしています。日々思うことをつらつらと。ひとり旅もする。千葉県民・会社員・30代前半です。仲良くしてね。

【じにっき】日記なのかポエムなのかよくわからないもの。

昨日は、小学1年生くらいの絵日記でしたので、今日は字日記を書いてみる。

 

www.gk-gk21.com

 

もはや、ブログじゃなくて手書きの日記帳でいいのでは?という声が聞こえてくる。

しかし、これは雑記ブログ。今日も散らかしていくぜ。

 

 

字日記

f:id:GK_GK21:20181119201302j:image

 

久々にペンで丁寧に字を書こうと思うと、うまくいきませんね。

特に、罫線が全くない状態ですと、大きさやバランスが昔から苦手です。

ひらがなも難しいなあ。

 

日記のはずだったんだけど

最初は日記を書こうと思ったのです。

朝起きて、本を読んだ。

そのあと、単に会社に行っただけのつまらない日記になりそうだったので、軌道修正が入ってポエミーな方向に逃げました。

しかし、これはポエムなのか?

 

ポエムを書いたことがない

今まで、恐らくポエムを書いたことがありません。

これはたぶんポエムではなく、魂の叫びですし。

f:id:GK_GK21:20181106201049j:plain

 

金子みすゞの詩(ポエム)

まずは、詩の名作と呼ばれるものを探してみました。

金子みすゞは有名で、私でも知っております。

「みんなちがって、みんないい」ですね。

作品を丸ごと見てみます。

私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地面を速く走れない。

私が体をゆすっても、
きれいな音はでないけど、
あの鳴る鈴は私のように、
たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。

なるほど。

生物だけでなく、無生物とも自身を比較するのは面白い視点ですね。

(みすゞと鈴は、引っ掛けたのか分かりませんが)

それでは私もポエムとやらを考えてみよう。

 

ポエム:雨

雨が降る

大地にも、海にも、草木にも、そして私の体にも、

雨は平等に降り注ぐ

 

濡れているのは、雨なのか、涙なのか

濡らしているのは、体なのか、心なのか

震えているのは、寒さのか、寂しさなのか

それは空から与えられた罰なのか、恵みなのか

 

そんなことを考えている間も、雨はただ降り続く

その意味は、全て私の心が決める

 

ポエムの難しさ

私の中で、ポエム=雨とか星とかってイメージが強いんですよね。

それら普段見慣れているものを、違った視点で表現してみることが肝要なのかなと。

それ以外にも、語呂だったりリズム感も必要なのかなと思います。

無感情、無関心で普段過ごしている私には難しそうですね。

 

歌詞なら…?

いわゆるポエム(詩)よりも、歌詞は日常的に目や耳にします。

ポエムは抽象的な表現が多いですが、歌詞はストレートなものも多いですよね。

「瞳を閉じて約束の場所へ翼を広げて君と二人でいつまでも」的な、あるあるが並んでると大して聞く気もしませんが…

とはいえ、そんなあるある歌詞を並べるにしても、

一曲を作詞する能力と言うのは大変なものだと敬意を表します。

 

ポエムとぼく

もういい年になったので、ポエムを読み書きして楽しめるようになりたいですね。

そのためには、感性やら、表現力やら、文の咀嚼力やらが必要となるでしょう。

そういうものに、わたしはなりたい。

 

「雨ニモマケズ」は、宮沢賢治のポエムと言えるのだろうか?

 

いつも以上にまとまりのない日記が続いており、恐縮です。

一応、自覚しています。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞