G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【Switch】「テトリス99」をプレイ。テトリスで99人対戦ができる時代が来るとは。

テトリス。世界一有名な落ちものパズルゲームでしょう。

f:id:GK_GK21:20190216112622j:plain

そんなテトリスが、99人同時対戦できる「テトリス99」となってNintendoSwitch加入者用特典として入ってきたので、早速プレイしてみました。

 

 

テトリスの基本ルール

テトリスについて、念のため説明しておきます。

よく考えると、今の学生さん世代はテトリスって馴染みがないのかしら。

改めて説明するのって難しいですね。

 

「テトリミノ」と呼ばれるブロックが落ちてくるので、回転させながら隙間なく並べていき、横一列並べればその列のテトリミノが消えます。

7種類のテトリミノがあり、最大は4連列消去。

下の画像で言えば、一番左に縦棒を差し込めば、4列消しが可能となります。

f:id:GK_GK21:20190216110528j:plain

 

画面の右には、次に落ちてくるテトリミノが予告されています。

また、Lボタンを押すと、現在落下中のテトリミノをホールド(保存)しておくことができます。

ホールド中は、別のテトリミノが落下中にLボタンを押すと、ホールド中のテトリミノと入れ替えることができます。

 

スコアが高まるにつれて、徐々にスピードもアップしていきます。

 

テトリスの歴史

テトリスが生まれたのは1985年。私と同い年です。

ロシア(当時はソビエト連邦)の数学者が作ったパズルゲームです。

だからロシア民謡が流れるんですね。

f:id:GK_GK21:20190216110502j:plain

 

その後、世界中で流行り、なんと実写映画化も予定(?)しています。

ただニュースが古いので、今どうなっているのか、公開されたのかよく分かりませんでした。

gigazine.net

 

昔、どこかで「テトリスはうつ病の改善にいい」と聞いたような気がしましたが、ソースがうろ覚えの私の脳なので、期待しないでください。

 

テトリス99は99人同時オンライン対戦

テトリス99の特徴は、99人同時オンライン対戦ということです。

f:id:GK_GK21:20190216110507j:plain

 

逆に言えば、それ以外のことはできません。

f:id:GK_GK21:20190216110510j:plain

 

99人が揃わないとプレイ開始されないのですが、朝6時でも10秒程度でマッチング完了しました。

f:id:GK_GK21:20190216110514j:plain

 

スマブラSPの4人よりもはるかに早いですね。

これはストレス無しで連続プレイできます。

f:id:GK_GK21:20190216110400j:plain

 

ターゲッティングを使い分ける

「テトリス=4列消し」などを決めると、対戦相手に妨害用のテトリミノを追加することができます。

ぷよぷよのお邪魔ぷよは上から降ってきますが、お邪魔テトリミノは下からにょきっと生えてきます。

f:id:GK_GK21:20190216110406j:plain

 

連続してやられると操作ミスにもつながり、一気にピンチとなります。

f:id:GK_GK21:20190216110414j:plain

 

自分以外に98人もいるので誰を狙うかですが、ある程度は戦略的にコントロールできます。

また、とどめを刺すことで「KOバッジ」がもらえ、攻撃力(邪魔テトリミノ)が上がっていきます。

「ランダム」:その名の通りランダム。敵からは狙われにくい。

「とどめうち」:詰みあがった相手を狙う。

「バッジねらい」:攻撃力が上がるバッジが手に入る相手を狙う。狙われやすい。

「カウンター」:攻撃してきた相手を狙う。

Rスティックでいつでも変更できます。

f:id:GK_GK21:20190216110604j:plain

 

狙われていると、画面下に「CAUTION!」という表示が出ます。

f:id:GK_GK21:20190216110409j:plain

 

大勢に攻撃されて一気にお邪魔テトリミノがきそうなときは、左にそのブロック数が表示されます。

f:id:GK_GK21:20190216110418j:plain

 

まあこんなに一気に攻撃されると、即死ですけどね。

f:id:GK_GK21:20190216110450j:plain

 

上まで積みあがる=やられると、すぐに結果発表になります。

この時は35位でした。

f:id:GK_GK21:20190216110550j:plain

 

消したライン数や、とどめを刺した数などが記録されます。

f:id:GK_GK21:20190216110554j:plain

 

経験値が溜まると、プレイヤーランクが上がっていきます。(今のところ、効果は分かりませんが)

f:id:GK_GK21:20190216110453j:plain

 

負けた後は、他の人の結果を待つことなく、すぐに次のゲームに移れるのはいいですね。

 

プレイ感想:残り10人まで行くけど…(動画あり)

テトリス99のプレイ感想です。

まず全体として、オンライン前提ながら、マッチング時間も含めてテンポは非常にいいです。

概ね3~5分くらいで勝敗も付きます。

昔取った杵柄ということで、ルールも特に変更がないため、スッとプレイできるのも魅力。操作も(画面スクショしながらがきつかったですが)快適でした。

 

一方で、最近の大画面化の影響か、私が年を取ったせいか、(スクショのせいか、)操作ミスが目立ちました。

テトリスをやっていたのはゲームボーイ、または昔流行った手のひらサイズのキーホルダーの大きさのもの。

大画面では縦のラインが(補助は出るものの)1列ズレてしまうことが多々ありました。

まあ加齢のせいですかね…

 

2回目にして、残り10人のところまでは到達できました。

しかし、ここから先はスピードも上がり、1個のミスが取り返しのつかないミスになります。

動画撮影しながらなので、精神的同様によるプレイミスがあり、あえなくダウン。

youtu.be

 

5~6回やってみて、最高順位は8位でした。

f:id:GK_GK21:20190216110351j:plain

f:id:GK_GK21:20190216110356j:plain

 

私程度でも、集中力さえ続けばそれなりの順位が取れるのはうれしいですね。

 

テトリスはeスポーツ向け?

テトリス99は対戦相手が多すぎるのでさておき…

普通のテトリスは基本的に運要素がなく、思考の瞬発力と操作の正確性だけで勝負することになります。

そのため、パーティゲームでわいわいすることも可能は可能ですが、純粋な実力勝負で勝敗を決することができます。

f:id:GK_GK21:20190216110524j:plain

 

そういう意味では、ルールもシンプルですし、勝敗もそこまで長期戦にはなりにくいので、それなりの盛り上がりは魅せられるのではないでしょうか。

f:id:GK_GK21:20190216110532j:plain

 

テトリス単独の大会というよりは、他のゲームと合わせての方がいいような気がしますけどね。

f:id:GK_GK21:20190216110535j:plain

 

 

個人的意見としては、テトリスはやっぱり「自分との闘い」というイメージが強いですね。

一人で延々とスピードアップに耐えながらやっていき、少しでもスコアを伸ばしていく楽しみというか。

少なくとも、昔はそのように楽しんでいました。

 

まあ時代も流れ、これはこれで新たな楽しみ方ですね。

ただ、5~6回もやっただけで、ちょっと飽きたのも年のせいかしら。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

〝こんな記事もあります〞