G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【グルメ】恋の味は美味い?千葉県香取市「恋する豚研究所」に行ってきた

恋をしていますか?

恋をしながらも散っていった、かわいそうな子たちがたくさん出てきます。

画像右が、その子たちです。

f:id:GK_GK21:20190611173734j:plain

 

「恋する豚研究所」という養豚・加工施設が営む食堂に行ってきた話。

 

 

恋する豚研究所とは

改めて恋する豚研究所について。

場所は千葉県香取市、旧・栗源町にあります。

隣には「道の駅くりもと」 はありますが、基本的には何もありません。

 

そんな何もないところにありますが、建物は綺麗でした。

f:id:GK_GK21:20190611173731j:image

 

恋する豚研究所のコンセプトは、ホームページより引用します。

 

恋する豚とは何か。
恋する豚とは、「豚に恋する」ということではなく、「豚が恋する」というイメージです。恋をすると、なんとなく幸せで、すこやかで、おいしい豚が育つんじゃないかなと。そして、豚を見ているうちに、豚だって、恋しているんじゃないかって思っています。

恋する豚は、豚のエサや、育て方に徹底的にこだわった豚です。豚の品種はLWDの三元豚で一般的なものですが、「品種」という遺伝的なものよりも「育て方」などの環境がおいしい豚をつくるためには重要なのです。だから、生産者は1農場だけ。契約農場など、生産農場を増やすつもりはありません。豚を育て、加工し、食べる人に届ける。私たちは、生産者、加工者、販売者をこぢんまりとした顔の見える関係とすることで、安全はもちろん、食べる人に安心してもらえるように生産や加工の情報を管理しています。

日々の地道な労働によって育てられた豚は、健やかに、「恋をしている」と思っています。みんなで、わいわいと食卓を囲む日。ひとり、せつなさを抱きしめてゴハンを食べる日。恋する豚は、そういう時に、そっと食卓にある存在でありたいと思っています。(恋する豚研究所HPより)

 

つまり、甘い生活で「恋をしている豚」を恋心を抱いたまま屠殺した方が美味いんじゃね?ってことですね。

名前いじりはいくらでもできるのですが、この辺で。

しかし、この変わった名前のおかげでブランディングはできているので、それはそれでOKでしょう。

 

敷地内には、薪炭を保管?製造?しているところも。

その目の前には畑もありましたが、何でしょうねこれ。
f:id:GK_GK21:20190611173741j:image

 

ちょっとした芝生スペースも。この日は豪雨でしたが、天気が良ければ気分もいいのかもね。

f:id:GK_GK21:20190611173810j:image

 

2階の食堂へ向かう 

1階は加工場になっているようでして、食堂は2階にあります。

営業時間は11時~15時、その後15時~18時は「あんみつタイム」だそうな。

f:id:GK_GK21:20190611173828j:image

 

なお、細かく言うと「恋する豚研究所食堂」と「スチームハンバーグ」の2店舗に分かれています。

私は食堂の方に行ったのですが、スチームハンバーグの方も運営等は同じように見えました。
f:id:GK_GK21:20190611173750j:image

 

2階は天井が高く、デザイン性の高い空間になっていました。

f:id:GK_GK21:20190611173822j:image

 

こちらが食堂です。

f:id:GK_GK21:20190611173831j:image

 

店頭には、様々な加工品も売られています。千葉らしく落花生やドレッシングなどなど。

f:id:GK_GK21:20190611173738j:image

 

もちろん、肉も売られています。

千葉県なら、スーパーでも「恋する豚研究所」というのがたまに売られています。

(少し高いので、基本的に買うことは稀ですが)

f:id:GK_GK21:20190611173756j:image

 

 

しゃぶしゃぶをしゃぶしゃぶする 

食堂のメニューはこちら。(ちょっと見づらいですが)

メインとなる食事は、「恋する豚のしゃぶしゃぶ(1,480円)」と「恋する豚のロース肉 塩コショー焼き定食(1,380円)」。

その他、月替わりの定食と、単品でソーセージなどがあるみたい。

右側には、生産者の皆様の顔も載っています。

f:id:GK_GK21:20190613045523j:image

 

しゃぶしゃぶがこちら。

肉はそれほど多くありませんが、野菜はかなり多めです。
f:id:GK_GK21:20190611173734j:image

 

一人用のコンロと鍋セットももらえます。

ご飯とピクルス付き。

f:id:GK_GK21:20190611173729j:image

 

しゃぶしゃぶ自体も久しぶりでしたが、やはり美味しいですね。

恋する豚は恋の味のせいか、甘みが強め。肉質も柔らかいです。

野菜については、ほうれん草の茎部分がやたら多かったのがちと不満でしたが。

あまりポン酢とも合わない気がするんですよね…

 

ちなみに塩コショー焼き定食がこちら。

肉を1枚もらいましたが、シンプルな味付けで十分美味しいですね。
f:id:GK_GK21:20190611173804j:image

 

お隣の「スチームハンバーグ」は、名前の通りハンバーグ定食のようです。


f:id:GK_GK21:20190611173858j:image
f:id:GK_GK21:20190611173807j:image

 

その隣では、薪が一束700円で売られていました。

f:id:GK_GK21:20190611173834j:image

 

敷地内にはスイートポテトも

千葉県はサツマイモが結構とれるのですが、そんなサツマイモを使ったスイートポテト屋さんが隣接しています。 

f:id:GK_GK21:20190611173745j:image

 

なお、2階は(買わなくても)自由に入っていいそうです。

f:id:GK_GK21:20190611173825j:image

 

こんな感じで、イモに関する本などが置かれています。

まだ新しいのか、木の香りが残っていました。

f:id:GK_GK21:20190611173820j:image

 

サツマイモの品種ごとに、それぞれ違った味わいがあります。

今回は飲みませんでしたが「いもラテ」も気になりました。
f:id:GK_GK21:20190611173813j:image

 

ベニコマチという品種のスイートポテトは売り切れていたので、ベニハルカとベニアズマの2種類を購入しました。

f:id:GK_GK21:20190611173816j:image

 


f:id:GK_GK21:20190611173854j:image

 

無心で食べていたので、どちらがどちらかあまり意識していませんでした。

美味しかったです(適当)。

f:id:GK_GK21:20190611173918j:image

 

ぶひー

というわけで、2日連続で豚肉グルメの話題でした。

 

www.gk-gk21.com

 

年のせいか、牛肉より豚肉の方が好きになってきたかもしれません。

しゃぶしゃぶはやっぱり、豚の方が合うし、ポークソテーも美味しいしなあ。

何よりお値段がお手頃ですしね。

www.gk-gk21.com

 

〝こんな記事もあります〞