G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【熊本】3年ぶりに地震のあった熊本城に行ってきた

3年前の2016年4月16日に起きた熊本の大地震。

その後、半年経った10月に熊本を訪れましたが、そこから数えて約3年ぶりに再訪です。

今回は多くを語らず、ほぼ写真です。

f:id:GK_GK21:20190703184233j:image 

 

 

熊本城のアクセスなど

熊本城は、熊本駅から3kmほど離れており、徒歩で行くにはちょっと遠いところにあります。

ただ、熊本の中心市街地自体が駅から2km前後離れた新市街エリアなので、そこからは歩いても10~15分程度で行くことができます。

また、敷地自体もかなり広いため、無料のシャトルバスが走っているほどです。

詳しくは公式HPにて。

 

kumamoto-guide.jp

 

熊本城の復興の様子

3年前を思い出しながら…

復興の予定ですが、2016年時点では「費用は600億円超、期間は20年後」と市長が言っていました(かかる、というか目指す)。

その中で、天守閣は「3年後の復旧」とのこと。

 

2019年7月現在、天守閣周辺まで近づくことはできません。

しかし、すぐ隣にある加藤清正を祀った「加藤神社」からは、天守閣をかなり近くで見ることができます。

f:id:GK_GK21:20190703184148j:image

 

こちらが2019年7月の様子。

f:id:GK_GK21:20190703184233j:image

 

別角度ですが、3年前に撮った写真がこちら(見づらくてすまぬ)。

こうしてみると、天守閣と呼ばれる部分はだいぶ復元しているように感じます。

f:id:GK_GK21:20190707085759p:image

 

とはいえ、それは天守閣だけのお話で、他にはほとんど当時のままのところもあります。

f:id:GK_GK21:20190703184128j:image

 

これなんて、よく建物維持できているなあと思います。

f:id:GK_GK21:20190703184226j:image

 

復興まであと17年

天守閣はさておき、20年かかるということは、あと17年。生きていたとしても、私も50歳を迎えて髪も薄くなり、加齢臭対策をしている頃。

 

一番時間がかかるのは、石垣の復旧なんですかね。

石垣をそのまま同じ素材・同じ順番で積もうとしているようで、もはやパズルゲームとしても発狂するレベルのような気がします。

以前よりは、石も整理整頓されているように見えますが、これだけでもごく一部でしょう。

f:id:GK_GK21:20190703184116j:image

 

 

その他写真を適当に

貼るだけ貼っておきます。コメントは難しいなあ。

 

f:id:GK_GK21:20190703184220j:image

f:id:GK_GK21:20190703184121j:image

 

f:id:GK_GK21:20190703184202j:image


f:id:GK_GK21:20190703184215j:image


f:id:GK_GK21:20190703184158j:image


f:id:GK_GK21:20190703184124j:image


f:id:GK_GK21:20190703184210j:image


f:id:GK_GK21:20190703184131j:image

 

f:id:GK_GK21:20190703184134j:image


f:id:GK_GK21:20190703184110j:image

 

f:id:GK_GK21:20190703184230j:image

 

f:id:GK_GK21:20190703184236j:image

 

f:id:GK_GK21:20190703184155j:image

 

この神社はいい。

f:id:GK_GK21:20190703184119j:image

お金を落とそう

城内見学と前後しますが、お土産ゾーン「桜の小路」に行きました。

23店舗あって、飲食・軽食・お土産などがたくさんあります。
f:id:GK_GK21:20190703184222j:image

 

天気が最悪だったので、人がほとんどいませんでしたけどね。

f:id:GK_GK21:20190703184150j:image

少しでも足しになればと、お金を落とすようにしてきました。

まあ本当に少しですけどね。

前にも言いましたが、私は寄付するほどの度量も資本力もないので、ちょっとした贅沢でお金を落とすのが限界です。

 

〝こんな記事もあります〞