G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【有馬温泉】金の湯と銀の湯に入る。

有馬温泉に行ってきました。

あまり下調べをせずに行ったのですが、神戸から非常に近いんですね。

 

f:id:GK_GK21:20200310183103p:plain 

そこで有名な金の湯・銀の湯という大衆浴場に行ったお話。

 

残念ですが、私の入浴シーンはないよ。

 

有馬温泉の行き方

今回は大阪にも用があったので、大阪方面から行きました。

大阪から芦屋へとJR神戸線で移動し、芦屋からバスという経路を取りました。

有馬温泉は鉄道駅もあるので、全部鉄道も可能ですが、バスの方が速そうです。

帰り道で知ったのですが、京都駅および大阪駅には、一日数往復ですが、有馬温泉行きの直通バスも出ています。

 

金の湯・銀の湯の場所

その中で「金の湯」はいわゆる温泉街の真ん中あたりに位置しています。

有馬温泉駅からも徒歩5分くらいですかね。

 

続いて「銀の湯」はこちら。

少しばかり中心から外れており、金の湯から歩いて5分くらいです。

 

まずは金の湯へ

先に金の湯に入ってきました。

こちらの方が施設も大きいですし、設備も整っている印象です。

その分、銀の湯が550円に対し、金の湯は650円となっています。

ただし両方入る人は、セットで850円というチケットもあるので、そちらがお買い得です。

f:id:GK_GK21:20200309212459j:image

 

金の湯ですが、かなり特徴的な温泉です。

まず、色について。

茶褐色系の温泉は何度も入ったことはありますが、ここのお湯が一番色が濃い気がしました。

肩までつかると、胸当たりはもう見えなくなるくらいの濃さ。

正に金の湯(というには少し濃すぎるけど)でした。

 

そして次の特徴としては、非常に塩分が濃い事。

海水よりも塩分濃度が高いため、一度に10分以上は浸かっちゃ駄目と書いてありました。

その代わり、海水以上に身体が浮きやすいので、思いっきり空気を溜めこむとふんわりします。

ちょびっとペロリとしてみたのですが(飲用ではない)、かなりのしょっぱさ。

なかなか面白い温泉でした。

 

ただコロナウイルスの影響で外国人が一切いなかった代わりか、学生みたいなのが大量にいて、風呂場の反響する中でちょっと騒いでいたのが残念でしたね。

 

銀の湯へ 

ほこほこしたまま、銀の湯へ訪れました。

金の湯からは歩いて5分。

近いですし看板などもあるのですが、細かく道が入り組んだ温泉街なので、少し迷いました。

f:id:GK_GK21:20200309212529j:image

 

銀の湯の方は、完全に無色透明な温泉です。

色もそうですが、味も特にありません。

勝手なイメージですが、温泉には色が付いていて欲しい派なので少し寂しかったです。 

金の湯と比べると施設も小さめ。

f:id:GK_GK21:20200309212519j:image

 

 

f:id:GK_GK21:20200309212523j:image

 

ついでに温泉街の様子

ついでですが、有馬温泉街の様子を何枚か。

こんな感じの路地や階段が入りくっていて、地図があってもちょっと道に迷いがちです。

f:id:GK_GK21:20200309212533j:image

 

温泉街らしい、和の店構えの店が数多く立ち並んでいました。

神社や寺なども。

f:id:GK_GK21:20200309212515j:image

 

夜は夜で、少し雰囲気が変わりますね。

f:id:GK_GK21:20200309212508j:image

 

こういう橋は好きです。

f:id:GK_GK21:20200309212526j:image

 

 

これは銀の湯の帰りに適当に歩き回り、完全に迷子になった際に撮った、 お気に入りの一枚。

映画のワンシーンかミニチュアみたいですが、iPhoneで撮った無修正画像です。

f:id:GK_GK21:20200309212512j:image 

というわけで、金の湯・銀の湯に行った話でした。

温泉宿に泊まったので、外湯に入る必要はなかったんですが、せっかくですからね。

 

おまけ

自宅用に金の湯の入浴剤を買ってきました。

f:id:GK_GK21:20200312140516j:image

 

本物はこれよりもさらに濃い色をしていましたが、雰囲気は出ていました。

ただ、これはそれほどしょっぱくもなく、多少は成分は違うんでしょう。

まあ本物は本物、家庭用は家庭用ということでいいかなと。

f:id:GK_GK21:20200312140557j:image

 

〝こんな記事もあります〞