G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【友情】友達がいないことのメリットと、いた方がいいよという話。

私には友達がいません。

厳密に言えば皆無ではないのですが、ほっとくと1年以上、誰ともプライベートで連絡しないこともあります。

果たしてそれが正しいのかと言われれば、そうじゃない方がいいよと思いますが、それはそれでメリットもあるのです。

 

f:id:GK_GK21:20200123192754p:plain

 

 

バイタリティを消費しない

私の認識ですが、成功者と呼ばれる人たちに共通することは、バイタリティに溢れています。

フットワークが軽く、一日に何件アポが入ろうとこなしていきます。

例えば会社員で言えば、仕事終わりに仲間内で飲み会なんてよくあることです。

 

かたや私は、基本的に1日1ターン行動です。

仕事のある日は仕事、休日も用事は1つが基本。

あそこに買い物行って、次にこっちに寄って、最後はここで~なんて複数回行動はあまりしたくありません。

ですので、仕事終わりは(どんなに仕事をサボっていようが)早く帰りたい。

仕事終わる前から帰りたいし、行く前から帰りたいのに、そこからさらに2時間の飲み会はバイタリティ(スタミナ、気力など)がもちません。

 

交際費がかからない

飲み会に限らず、人付き合いはお金がかかります。

まとまった支出の回避としては、結婚式に呼ばれないことでしょうか。

今となっては年齢のせいもありますが、もう何年も友人として結婚式に呼ばれたことがありません。

ピークと言われる30歳前後もほとんど呼ばれることがありませんでしたので、お祝いを払う金額も負担が恐らく他の人よりも少ないです。

人の幸福を祝えないのはデメリットと言えなくもないですが、そもそも友達がいなければ祝いたい人もいないので良いのです。

 

www.gk-gk21.com

 

なので、自由に使えるお金は正直なところ多いです。

(ただし、共働き&子無しには確実に負けるでしょう)

資産形成もしていますが、資産を残す必要がそもそもそれほどありません。

これは友達というよりも家族もいないメリットかもしれませんが…

 

孤独に慣れる

半端に友達がいると、おそらく孤独を感じたことでしょう。

孤独のままでいれば、比較条件である「友達がいる」状態がよく分からないので、孤独感に悩まされることもほとんどありません。

喪失感を恐れるならば、最初から手に入れないのが私の基本スタンスですので、友達が最初からいなければ孤独も楽しめるものです。

 

友達はいなくてもいいし、いた方がいい

友達はいなくても大丈夫なものです。

いわゆるコミュニケーション障害(重度でも軽度でも)は問題ですが、友達はいなくてもやっていけます。

私はそれなりに人に会わざるを得ませんが、仕事によってはコミュニケーションもほとんどいらないかも知れませんね。

 

まあ敢えて今回はデメリットには触れていません。 

絶対、友達はいた方がいいと思いますよ(私に言われるまでもないでしょうが)。

「友達がいることのメリット」というタイトルならば、もっと長文になったことでしょう。いつかそんな記事も書くかもしれません。

〝こんな記事もあります〞