G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【調理】スキレットを使ってみたの。

早い話が鉄鍋ってことでいいんでしょうか。

 

f:id:GK_GK21:20201117194610j:image

 

 

 

手入れをしてみる

何やらスキレットは作法があるようなので、とりあえずネットで色々調べてみました。

 

まずは、中性洗剤で洗います。

洗い流したら、水気を飛ばすために火にかけます。

f:id:GK_GK21:20201117194557j:image

 

しばらくすると、白い煙が出てきます。

f:id:GK_GK21:20201117194607j:image

 

その後、クッキングペーパーを使って、軽く油を塗っていきます。

そして「水洗い→火にかけて乾燥→油塗り」を繰り返していきます。

 

そして仕上がった?スキレットを使って調理をしていきます。

(オリーブオイルを塗ったのはちょっと失敗だった感じがしなくもない、匂い的に)

 

スキレットで焼く

初めてなので肉を焼こう。そしてちくわを焼こう。

f:id:GK_GK21:20201117194549j:image

 

直径18㎝のため、かなり狭い鍋になりました。

f:id:GK_GK21:20201117194553j:image

 

流石の熱伝導率。

あっという間に肉やタマネギが焼けていきました。

ちくわの投入が遅かったかもしれない。

f:id:GK_GK21:20201117194546j:image

 

塩・胡椒・フライドオニオンをまぶして完成です。

f:id:GK_GK21:20201117194600j:image

 

ちくわもしっかり焼けました。

f:id:GK_GK21:20201117194603j:image

 

焼き上がりの感想

熱伝導のせいか、焼肉用の肉は本当にすぐに焼けました。

雰囲気的には、かなりよく焼けている感じがしましたが、テフロンのフライパンとの明確な味の違いは分かりませんでした。

 

ちくわは美味かったですけどね。

肉のせいなのかスキレットのせいなのか分かりませんが、油がものすごく出てきていて、かなり油っこかったのが食べてて少しつらかったです。

 

噂によると、野菜の方が味の違いが分かるという情報も見聞したので、次回はそっちで試してみようかな。

もっと分厚いステーキ肉なども試してみたいですね。

 

アウトドア運用も考えたのですが、ひとつはめちゃくちゃ重たいんですよね。

取っ手を持つせいもあるとは思うんですが、体感で5キロくらいあります。

ちょっと頑張れば、人を殺せるレベル。

私のバーナーの上にこんな重いものを置いて大丈夫か分かりません。

また、持ち手まで加熱されてしまうタイプなので、そういう意味でも危なさを少し感じています。

 

ちなみに後始末は、水洗い⇒油を表面に塗る⇒自然乾燥 でいいのかな?

 

次回「スキレットを使った護身術 ~熱を持った鉄塊の重さ~」。

ご期待しないでください。

〝こんな記事もあります〞