G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【レビュー企画6】浅草・亀十にて日本一のどら焼きを食べる。

超・久しぶり(約200日ぶり)にリクエストレビュー企画です。

今回は浅草の老舗和菓子店「亀十」(かめじゅう)のどら焼きです。

f:id:GK_GK21:20190808072913j:image

 

今回のリクエストは、セクシーランジェリー野郎(id:tonymctony)さんからいただきました。

young.tonymctony.com

 

 

浅草橋と浅草は違うのよ

浅草橋から浅草って歩いて余裕かと思いきや、2㎢弱はあるんですよね。

普段だったら大したことないのですが、横浜で熱中症寸前で頭痛がする猛暑の中では、なかなかハードでした。

 

www.gk-gk21.com

 

亀十について

亀十ですが、都営浅草線または東京メトロの浅草駅からは(地上に出てからだけど)徒歩1~2分です。

f:id:GK_GK21:20190808072922p:image

 

私も浅草には少し疎いのですが、雷門通りに位置しています。

この「観音通り」入り口のちょうど反対側にあります。

f:id:GK_GK21:20190808072932j:image

 

店構えはこんな感じ。色が白をベースとしているので、少し分かりにくいかもしれません。

f:id:GK_GK21:20190808072928j:image

 

亀十のどら焼き日本一の理由とは

亀十の店頭には、「ランキング日本一」「どら焼き販売中」とあります。
f:id:GK_GK21:20190808072939j:image

 

どこで日本一になったのかというと、日経プラスワン(土曜日の日経新聞についてくるやつ)の専門家がお勧めするどら焼きベスト10の「第一位」となったことが根拠のようでした。

style.nikkei.com

 

真夏のせいか、あまり並んでいない

さて亀十ですが、事前に調べたところによると、

・開店前から並んでいる

・休日は1時間は覚悟しておくべき

・午後には売り切れの可能性も

・ドラえもんって最初はどら焼きじゃなくてモチが好物だったよね

などの情報が書かれていました。最後のは私のどら焼き豆知識ですが。

 

行列の上に買えなかった場合、熱中症と相まってオーバーヒートして倒れる予定でしたが、幸いにも前に3~4人並んでいるだけでした(8月の平日午後2時頃)。

暑すぎて並ぶ気もしないでしょうし、そもそも和菓子、特にどら焼きって夏場は売れるものでもないですしね。

f:id:GK_GK21:20190808072910j:image

 

というわけで、比較的すんなりと買うことができました。

 

それでは食べてみよう

それでは、持ち帰ってきたので食べてみた感想などを。

袋のロゴは、亀甲模様。
f:id:GK_GK21:20190808072936j:image

 

商品である和菓子はそれほど種類はありません。そして、日持ちはしません。

生菓子なんですね。

f:id:GK_GK21:20190808072904j:image

 

先にこちらをご紹介、「松風」というものです。

f:id:GK_GK21:20190808072926j:image

 

ふんわりしており、和風スポンジケーキといった感触です。

甘さは控えめですが、黒糖(?)っぽい味わいがしました。

少しアンコが入っており、優しいお菓子でした。

f:id:GK_GK21:20190808072915j:image

 

さて、本題のどら焼きです。

ここのどら焼きの特徴は、何といっても見た目です。
f:id:GK_GK21:20190808072913j:image

 

普通のどら焼きは皮が均等になるように焼かれていますが、ここのどら焼きはまばらな焼き具合となっています。

これが独特の舌触り・触感を生み出すのでしょうか。

 

どら焼きは白あんと黒あんがあります。

普通ならば黒あん一択なのですが、せっかくなので両方食べてみることにしました。

まずは白あん。

生地は非常に柔らかく、手で割るのも簡単です。

一般のどら焼きと比べて、なめらかというよりはいろんな感触があります。

そして、生地にもしっかりと味があるなあという印象。
f:id:GK_GK21:20190808072907j:image

 

次に黒あん。正確には粒あんです。あんこ美味い。

こちらの方が、白あんよりも少し甘みが強いですかね。

全くインスタ映えない写真映りですが…

f:id:GK_GK21:20190808072918j:image

 

食べているときは思わなかったのですが、食べ終えてみると、1個でもけっこうお腹に溜まる感じがします。

 

亀十のどら焼き:総合評価は5点中3点くらい

さて、味には満足した亀十のどら焼きですが、点数をつけるとすれば5点中3点くらいです。

まずは入手方法が限られていること。今回はほとんど並ばずに手に入れられたのでいいのですが、1時間待ちだったら(熱中症で死んでいたし)、ハードルが上がっていたでしょう。

1時間待ったら、もう意識がぶっ飛ぶくらいのどら焼きでないと、たぶん収まりがつきません。

 

通販等もないので、現地に行かねばならないというのも入手難易度が高まっています。

まあこれは仕方ないことなんですけどね。

 

もう1つの欠点としては、お値段です。

どら焼き1個360円というのは、私の中で過去最高級のどら焼きです。

コンビニのどら焼きでもそれなりに美味いと思ってますが、あれはせいぜい150円くらい。

そう考えると、「値段が倍以上か…」と考えてしまって、少し辛口評価になってしまいます。

 

そんなわけで、亀十のどら焼きのレビューでした。参考になれば幸いです。

まとめると、結論は「美味いけど気軽に手に入らないんじゃあなあ」といったところですかね。

 

【おんなじようなのを食べた話】 

www.gk-gk21.com

 

リクエスト企画も、随時募集中 

今回は久々に動きましたが、まだ思い付きのリクエスト企画はリクエスト受付中です。

くれば必ずやります!とまでは断言できませんが、どら焼きからセクシーランジェリーまで、幅広くお待ちしております。

 

www.gk-gk21.com

 

〝こんな記事もあります〞