G-log 日々思うこと

GOです。旅・ゲーム・その他雑記ブログなので、散らかしています。仲良くしてね。お問い合わせはTwitterかコメントで。

【海外ドラマ】「シリコンバレー」IT起業家の成長コメディ。

第一話が企業のパーティ?シーンから始まるので、そこで何度か離れてしまったのですが、そこをスルーしたら結構面白いドラマでした。

勿体なかったなあ。

 

f:id:GK_GK21:20200320220046j:plain

 

 

シリコンバレー:登場人物&あらすじ

ITの巨大企業フーリィ社で働くリチャードが生み出した革新的技術で、彼らが会社を興して様々な難題に挑んでいく様子を描いたドラマ。

というと真面目な話のようですが、どちらかというとコメディ要素も含まれています。

 

リチャード

主人公。IT大企業のフーリィ社に勤めていたが、音楽データの圧縮技術に関する革新的なアルゴリズムを開発。

その技術が様々な投資家から狙われながら、自分でパイドパイパー社を立ち上げてCEOとなる。

性格は気が弱く、人と話すのが苦手で緊張するとパニックに陥る。

 

アーリック

リチャード達の家主。かつてアビアトというアプリでそれなりに儲けた様子。

インキュベーターとして、リチャード達を育てたと自負しており、パイドパイパー社の株式を10%持ち、取締役にもなった。

計算高くて欲望に素直。話は上手いが調子に乗りやすく、トラブルメーカーでもある。

時々日本の文化に興味を持っている様子も。

 

ジャレッド

元々はフーリィにいて出世頭だったようだが、リチャードの技術に惹かれて参加した。

IT技術者というよりも、事務や経理面で貢献する。

当初は仲間内で扱いが悪かったが、本人はそこまで気にしていない様子。

非常に真面目で温厚な性格だが、一方で空気を読まずに会話に付いていけていないこともある。

 

ギルフォイル

カナダからの移民。セキュリティ関係に強い技術者。

極めて無表情で笑うことはほとんどなく人には冷たく、シニカルな人間。

発想力が豊かな面もあり、犯罪スレスレの手も使う。

 

ディネシュ

パキスタンからの移民。コードを書くのが得意。

女性経験が全く無いことを、よくギルフォイルにからかわれている。

 

ビッグヘッド

リチャード達の仲間だったが、特に目立ったスキルもなく、パイドパイパー社から外された。

そこをフーリィ社に拾われ、なんだかんだで高給取りとして生きている。

リチャード達とは仲が良く、たまに現れて交流することもある。

 

ピーター

リチャードの技術に目を付けた投資家の一人。

ギャビンと競合するが、リチャードからも選ばれてパートナーとなる。

悪い人間ではないものの、変人。

 

モニカ

ピーターの秘書。

リチャードらに投資家としての考えなどを伝えつつ、世話焼き役となっている。

 

ギャビン

リチャードの技術に目を付けた投資家の一人で、フーリィ社の取締役。

リチャードの技術が手に入らないことから執拗に対抗意識を燃やす。

 

シリコンバレーの様子を知る

シリコンバレーと言えば、言わずと知れたIT技術の集積地。

今では土地価格も高騰しすぎて、中流家庭じゃ住むことすらできないと聞きました。

この作品はタイトル通りシリコンバレーが舞台。

様々なIT技術が出てきては、投資家が「それはいくらで買おう」といったシーンが何度も出てきます。

 

これを鵜呑みにしてはいけないと思いますが、本場のシリコンバレーもそんな感じなんですかね。

コンテストみたいなのがしょっちゅうあって、そこで投資家が目をギラギラさせていて、起業家達も自分たちの技術で「世界をよくする」ということを夢見て(もしくはビリオネアを夢見て)。

特に金額の単位が100万ドル=1億円クラスでお金が動いています。

正にアメリカンドリームですね。

日本でもエンジェル投資家などはいますが、(エンジェル投資家で検索かけるとだいたいうさん臭いけど)ここまで巨額が動いてはいないでしょう。

やはりこういうスピード感やお金の規模、失敗を許容する文化などが日本との成長力の差なんだろうなあと感じました。

 

反面、ものすごくシビアな世界なので、あまり義理と人情はありません。

あくまで投資、技術、リターン、特許、法律が優先され、仲間内であっても容赦ないこともあります。

 

トラブルだらけの会社運営

ドラマの内容に話を戻します。

今のところ、シーズン4の途中まで観ているのですが、常にトラブル続きです。

シーズン1こそ比較的綺麗に終わりましたが、その後はいつでもトラブルを抱えていて、資金不足、訴訟、裏切り、技術盗難、火事などなど、いろんなことが起こります。

もう少し、落ち着いている時期があってもいいかなあと思いつつ、飽きさせないためにはこういうトラブル続きの方がいいのかなあとも思っています。

でももう少し落ち着いていたり、純粋に成功したりする場面があったりしても良いと思うの。 

 

変な人が多い

登場人物はだいたい一癖二癖あって、端的に言えば変な人が多いです。

私が仲良くなれそうな人はいないですね…

アーリックは傲慢ですし、ギルフォイルは皮肉屋過ぎるし、ディネシュも良い人そうでゲスい。

リチャードは良い人なんでしょうが、落ち着きがない上に意外と切れやすい。

その中で唯一、ジャレットは結構真面目で良い人に描かれているように感じました。

メンバーの中では後から加入しましたが、リチャードやパイドパイパーの事を真面目に考えていて、実際に行動力もある人物です。

時々変な言動をしていますが、こういう陰から支える献身的な人物がいるといないとでは、組織はずいぶん違うんだろうなあと思います。

そしてそういう人って往々にして評価されないんですけどね。

 

マリファナは合法なの?

海外ドラマを見ていると、多くの登場人物が普通に麻薬関連に手を出しています。

シャーロック・ホームズも薬物依存症でしたし、このシリコンバレーでもアーリックはいつもマリファナを吸っています。

いや、たぶん非合法だとは思いますが、州によってはOKなんでしょうか。

警察にハッパが見つかってましたが、特に何も起きていませんでしたし。

日本のアニメが海外に行くとタバコ等の描写は駄目と聞いたことがありますが、こういうキャラはOKなんですかね?

 

あとディネシュがパキスタン系の移民ということで、アルカイダ的ないじりをすることもありますが、こういうネタもコメディなら許されるんでしょうか。

向こうは(少なくとも建前上は)差別に厳しいと聞いていますが、そうでもないのかな。

まあコロナの報道を観ていると、差別の本場はやはり欧米だなあという気もしなくもないですが。

 

シリコンバレー感想まとめ

けっこうテンポも良いですし、トラブル続きのため共感していると多少疲れますが、コメディ要素もあるので、そこは明るく楽しく観ていられます。

上で書いた差別ネタに加えて下ネタがきつい場合もありますが、そこはR15指定なのでまあ仕方ないかなと。

1話が30分以内に終わるというのも、細々観られるのでいいです。

とりあえずAmazonプライムで公開されている部分は、この外出自粛期間ムード中に観終えようと思います。

 

他の海外ドラマ紹介記事(主にアマプラ対象)

 

www.gk-gk21.com

 

 

www.gk-gk21.com

 

 

www.gk-gk21.com

 

他にもあるけろ。

 

〝こんな記事もあります〞